FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
てなワケで、リン酸亜鉛処理始めて1週間位経ったんですが。

一応毎日タンクの位置を変えて、立ててみたり寝かせてみたりひっくり返したり・・・
炎天下に放置してたんで、却って反応が激しすぎたんじゃ・・・・と心配してたんですが。

IMG_0560.jpg
コレよく見たら塗装が溶けてます(白塗装)

タンク表面は最終仕上げで2液性ウレタン缶スプレーで塗ったんですが、裏面(底面)は
アクリル塗装のまんまだったんで、それが溶け出してるっぽい(;´Д`)

とりあえず薬剤を抜き出して、小型の衣装ケース?みたいなBOX(コーナンで1000円位)へ入れて・・・

水道のホースをタンクへブチ込んで洗浄します。
IMG_0561_20180811215052bd6.jpg
こんな感じの塗膜の欠片?か金属粒(錆が変換された?)が10回位洗浄しても出てきます(腰いてぇ)

ある程度のところで切り上げて、取説通り仕上げのリンス処理します。
IMG_0559.jpg
最初に希釈させた時に、敢えて残していた原液です。
コイツをタンクへ投入し、グルグルと撹拌させるようにタンクを回して
満遍なく行き渡るようにして・・・

原液を排出後に乾燥させます。
なんでもきちんと乾燥させないと、防錆皮膜がうまく出来ないとか・・・
なんでこういう秘密兵器を投入して、強制乾燥させます。

IMG_0563_20180811215054a4a.jpg
ドライヤーに筒状に巻いたダンボールを付けて、しばし放置・・・
って休み休み稼働させたんですが(ヒューズ飛びそう

んで肝心のタンク内部ですが。
IMG_0564.jpg
こんなもんですかね???錆らしきものは見当たらないんですが、
黒いツブツブ状のモノが見られるんで、もう少し洗浄して再度リンス処理したほうがイイかもしれないですねん。
↑コレ絶対キャブに悪さしそうなんで、燃料フィルター必須だと思われます。

IMG_0566.jpg
注入口アップです。
コレ原液を刷毛塗りして乾燥させてみたんですが(^^)
きれいに磨いてからもっぺん原液塗ってみようっと。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/955-e801bcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック