FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
というわけで、前回・・・2月にCT撮影してから4ヶ月経過しまして。
本日徳島大学病院へ出頭してCT撮影して参りました。

久しぶりに担当のK医師とお話しして、一緒にCT画像をチェック(^^)
クリクリクリ・・とマウスホイールで断面画像を1枚づつスクロールして・・・

右肺外縁部分にあるヤツ、2月の時点で5ミリで
今回も5ミリで殆ど変化なし。

同じく右肺の最深部(体の真ん中付近)にある、ダルマ型(2つがくっついた感じ)も、2月で8ミリで
今回も8・・・8.5ミリで殆ど変化なし。

もう一箇所は画像では見えるか見えないか・・・とそんなレベルなんで今回は無視。

以上の結果から、もうしばらく様子見しましょう、と(いっつもこのパターンだなぁ(^^)
この状態での抗がん剤治療を行うメリット/デメリットを鑑みると、
あえて行う必要は無い、との判断でした。
自分も同意見ですハイ。

あとは、いつものように抗がん剤治療に関する質問とか
日曜の晩にやってる某医療ドラマの話しとか(^^)

一応、先生方も商売柄あの手のドラマは毎回見てなくても
色々とネットニュースで見たり、看護師さんたちから聞いたり、とチェックはしてるみたいです(^^)

んでお互いの意見として
「ありゃ大袈裟、あくまでテレビの中のおとぎ話だよね~」と、まぁ当たり前な話しでした。

昨日見たネットニュースでも
「30~40代の男性外科医師の手術が、一番死亡率が高い」
「むしろ60~70代の、一般企業では定年済みな年齢のベテラン医師のほうが死亡率が低い」
との事・・・だったかな???
天才若手医師、なんてのはあくまでテレビの中のヒーロー、ですよね。

診察に関する話しよりも、与太話のほうが時間かかったのは、
まぁいつもの事でした(^^)

次回診察は10月15日、今日と同じくCT撮影と診察であります。

このまま寿命まで逃げ切れんかな~。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様
お久しぶりです
なんとまー よいではありませんか
これからも ほどほど 楽しみましょう

2018/06/12(火) 20:04 | URL | 野原 #-[ 編集]
Re: お疲れ様
ちょっぴん殿お久しぶりです~!

ま~現状ではベストな状態ですかね???
あんまり無理せずボチボチやっていこうかと思っております~

またいらして下さいね(^^)
2018/06/12(火) 22:26 | URL | shin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/947-314f239b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック