FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
てなワケで、S660のマフラーをロッソモデロCOLBASSO Ti-Rに交換し
およそ1ヶ月は経過したワケですが。

ざっくりと1ヶ月1500キロ走ってみまして、どんな感じかいな?とインプレ的なモノを
書き散らかしてみましょう(^^)

肝心の(?)排気音ですが。
新品時はほとんど純正と変わらない音量でありましたが、1ヶ月経過後では。

アイドリング時・・・・若干低音が強調されたかいな???という感じ。
音量自体は想像していたほど大きくはなく、大昔にアニキが910ブルーバードに付けてた
トラストのレース管(エンジン掛けると家の窓ガラスがビリビリと震えた(^^)
アレよかはマシです(当たり前

エンジンが冷えている時は音量が低いのは当たり前なんですが
ある程度走行してエンジンが温まってきても、そんなに大きくなることはなく
良くも悪くも「現代っ子」な、イマドキな躾けの行き届いたマフラーだと思います。

ちなみに2サイクルのチャンバー付きバイクだと逆に
エンジンが冷えている時はうるさく、温まってくると多少は静かになります。
・・・なんでだろ???

加速時は、純正よか多少元気なサウンドになります。
が、サイドガラス・リアガラスを下げているとよく聞こえますが
ガラス全締め状態だと、エアクリーナーBOX拡大加工してあるせいか
吸気音のガボガボ音のほうがよく聞こえます(^^)

アクセル一定、パーシャル時はマジで静かです(^^)
むしろハイプリップタイヤのロードノイズの方が耳に付きます。

各部の仕上げは。(ココからが本番(^^)
IMG_0386.jpg
プレスで打ち抜きされたフランジとパイプの溶接部分ですが。
コレTIG溶接じゃなしに半自動溶接、ですかね?
コレはコレで良い・・・のか判断が付きかねますが、
よく出来た溶接ビードって「連続した貝殻状」になる、とはるか昔の工業高校時代に教わった記憶が。
あとよく見ると、フランジに白い薬剤的なモノ(スパッタ防止剤?)が、拭き残されている・・・ようにも見えます。

IMG_0387_20180523233338594.jpg
メインサイレンサーとテールパイプのジョイント部分ですが。
黄色い○で囲った部分の溶接が・・・・
コレもうちょっとキレイに溶接出来なかったんですかね?(汁

以前ビートに付けていた、ヤフオクで格安で買ったN1タイプマフラー(確か¥17000)
アレのほうがキレイなビードが出ていた記憶があります。

IMG_0375_20180523233849dbb.jpg
コッチも。
ま~外れたりすることは無い、と思いますが(無いよね???

以上、外観はそれなりで納得しかねる部分もあるんですが
音量・音質、あと何故か燃費が22.5km/Lくらいから24km/Lくらいに
激向上したんで(マジで
トータル的には星4つ、くらいだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/942-d2e22a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック