FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
一応は今日も休みだったんですが、当然のように出勤(^^)

とりあえず2~3時間だけ仕事をこなして病院へ。
こないだ行った時に、骨シンチを撮る・・・てな話しだったんですが
科内のカンファレンスで骨シンチよか副腎髄質シンチの方が良いんじゃね???
となったらしく、急遽変更と相成りました。

ついては副腎髄質シンチの説明と、放射線部で予約を取ってね♡とのことだったんで
出頭し(^^)先生とお話ししてきました。

副腎髄質シンチってのがまたアレで(^^)
体内に注入された放射性物質が、甲状腺に取り込まれるのを防ぐために
予めヨウ素剤を飲むわけですが。(ヨウ素剤が先回りして甲状腺に蓄積し、放射性物質が溜まらない
アレ味的にモロにイソジンで(;´Д`)
前もって4日間ぐらい飲まされるんですが、結構精神的にダメージを受けます。

んでこれからの治療方針について話ししたんですが。
抗がん剤治療は、やはりCVD療法となるんで正直おすすめできません、と。
代わりに、金沢大学付属病院の核医学科で行われる予定の治験にしませんか?と・・・

難治性の褐色細胞腫(パラガングリオーマを含む)患者を対象とした第II相臨床治験が本院でまもなく開始
↑コレですが。

あくまで「申請しましょか?」の段階で、必ず参加できるとは限らないんですが
治験に参加となれば、実際の費用は「タダ」、「ロハ」・・・って最近はロハなんて言わんか?
まぁ要は患者負担は無し、らしいんですが。

先生の意見としては、抗がん剤治療は副作用がキツいし入院も長期間となる
対して放射線治療は、距離的に遠いけども体への負担も小さく入院期間も少なくて済む
オマケに金銭的にも負担が小さいので、正直こちらをオススメします、と。

自分の考えとしても、それぞれのメリット/デメリットを鑑みても
放射線治療一択だよな~、と思いました。

てなワケで、とりあえず金沢大学病院へ問い合わせをお願いしときました。

ま、どうなるか判りませんがとりあえずは良い方向へ行っている・・・んですかね???
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/916-774e4568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック