褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ちゅうわけで、自車で踏み潰したダクトカバーの修復ですが(;´Д`)

IMG_0209_20171017233511ce1.jpg
破断した部分ですが。
青っぽく見えているのがグラスファイバー含有のパテ、白いのが2液性エポキシパテ、であります。

IMG_0208_2017101614241615f.jpg
サフを吹くと、パッと見では分かりにくいビミョ~なウネリや凹みが丸わかりとなります(汁
あと見た目では分かりにくい場合は、指の腹でなぞっていくと意外とウネリが分かりやすい・・・ 場合もあります。

んではお次はバンパーのカットですが・・・

IMG_0207_201710172335133c3.jpg
これナンノコッチャ???と言いますと。
先ず開けたいラインAに沿って、大きめのカッターを使って切れ込み・筋目を入れて行きます。
10~20回くらい繰り返し切れ込みを入れると、かなり深い切れ込みが出来る・・・ハズです。

お次は、Bのラインにカッタータイプのノコギリ(確かダイソーで買った)で切れ目を入れて・・・
Aのラインでパキッと折り取ります。って実際は粘い材質なバンパーなんで
何回もグニグニグニ・・・と捻らないとイケませんが(^^)

IMG_0206_20171017233515145.jpg
若干取り残しがありますが、ま~大体こんな感じです。
↑コレがこないだの休日話し。

↓これからが今晩の話しです(^^)
ココまで来たら、バンパーを付けてみてランプを仮付したい・・と思うのが人情であります(多分
仕事から帰ってきて・・・
IMG_0214.jpg
この時点で21時過ぎですが。
田舎なんで作業中(1時間弱)に通りがかったクルマは3台でした(^^)

IMG_0212.jpg
ダクトカバーに沿って穴を開けるとこんな感じです。

ランプのステーをどーすっかなぁ???としげしげと覗き込んで。
ボディのサービスホールを使うのは・・・裏面が袋形状なんでナットが入らんなぁ。
んなら穴あけしてタッピングビスで固定・・・ビスの材質は安価なメッキ素材で(ステンだと電触ががが
尚且つグリスタップリ塗りつけてネジ止め、でイイんかなぁ???

ランプ自体のステー形状は。
IMG_0213.jpg
下向きに付いているコの字型ステーが付属品で、上部に付けているL字型ステーは手持ちのステーですが。

んんんんん
明日一日仕事しながら固定方法を考えよう(^^)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/906-e405d09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック