褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ちゅうわけで、こないだ撮ったPET-CTの結果を聞いてきました。

結果としては、以前からある転移巣は相変わらず殆ど変化無しで。
ただ、1個リンパ腫みたいなのが出現している、と。

過去何回かの肺転移手術で、肺内リンパみたいなモノを摘出してきているんで(CT画像では転移巣と見分けがつきにくい
まぁ特に心配はしていないんですが。

んで担当医であるY先生の意見としては、
「一度泌尿器科の先生とお話しして、抗がん剤治療について相談してみて下さい」
との事でありました。

まぁぶっちゃけ「効けばラッキー」くらいな心構えで、一度話し合いしてみて下さい、と。
んで同じ病院内でも紹介状は必要で、尚且つ患者本人が持参せんとイカン、らしい・・・

ちゅうわけで、紹介状を書いてもらい泌尿器科で11/20にお話し合いの予約手続き。
IMG_0192_20171012152149b96.jpg
随分と可愛らしい文字ですが(^^)担当の看護師さんが書いてます。

この紹介状を、次回泌尿器科での診察で手渡すらしいです。
ちなみに泌尿器科での担当医を大学病院のサイトで調べてみると
平成16年に大学病院卒業で、役職は助教(大学病院としては下から2番め
教授(科長)→准教授(副科長・総務医長)→講師(外来医長・病棟医長)→助教→医員(卒業したてのペーペー
、資格として泌尿器科専門医・指導医、らしいです。

コレうがった見方をすれば、ある意味「安パイ」な患者を相手に抗癌剤治療をこなし
がん治療の認定医の資格を取得させるための経験を積ませる・・・のかも知れない(^^)

ま、とりあえず11/20の9時15分からの話し合いにてモロモロ決定、であります。

んで病院のあとはイチマル工房へ電話でアポ取り。キャブのドレンボルトを外す依頼をします。
ちょっと職人気質な電話応対でしたが(^^)
病院から直接伺ってキャブを持ち込み。

「ネジの材質なんだろ???真鍮だったら面倒だけど・・・」と言いながらも早速取り掛かって・・・

フロート室を外してバイスで固定し
溶接機でなめたネジに肉盛りし、ある程度盛り上がってきたらM8くらいのボルトを溶接。
後はクロスレンチでくるくるっと。
素晴らしい(^^)
溶接の熱で外しやすくなっていたのか???
アルミ製のフロート室が溶けるんじゃ?と思っていたんですが
全然問題なしでありました。

肝心の費用は1620円也。税抜き1500円ですか?
自分では出来ない作業なんで、全く持って妥当な値段だと思いました。

さ~~後は・・・・
ナニから手を付けるか???
外装の手直し・再塗装か、チャンバーのバフがけか
S660のダクトカバーの修復・フォグランプ取り付けか・・・

意外とやる事一杯だ(汁
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/903-02483b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック