褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
去年の10月にCT撮影してから、半年ぶりに病院でCT撮ってきました。

今回は胸部・腹部のCT撮影なんで朝食は抜いて・・・ハラ減った(^^)
んで外来へ移動しY先生の診察で。

と、今までサブで付いていたK先生が何と沖縄の大学病院へ移動で居なくなってました(T_T)
毎回手術の時は、K先生が肋間神経ブロック麻酔してくれてたお陰で
術後がメッチャ楽だったんですが・・・栄転らしいんで、ま~仕方ないですなぁ。

んで今回のCT画像ドゾー。

img004_201704061347265de.jpg
右側の画像が去年10月、左側が今回撮った画像です。
赤丸の中心にある白い点が、転移巣の疑いがあるブツです。

もう一箇所の画像も。
img005_2017040613472812a.jpg
こちらも同様です。
右が去年10月、左が今回の画像です。

Y先生の意見
「去年から殆ど大きさの変化はないんで、もうしばらく様子見しましょうか?
肺内の癒着も結構あるので、あえて今すぐ切る必要も無いと思います。」

確かに、殆ど大きさに変化はない???
これはやっぱ好きなクルマを乗り回してるからだね(^^)

あと色々とお話ししてまして
「このまま現状維持で行けば良いんですが、一度ウロの先生(ウロ=ウロロジー・泌尿器科)
ともお話しして、薬剤治療・分子標的薬が使えないか相談してみます」との事でした。

んでも確か副腎腫瘍・褐色細胞腫の抗がん剤ってなCVD療法くらいで、分子標的薬となると
腎がん用のスーテントくらいだったか???(コレも効くかも?レベルな話しですが)

ま~個人的には薬剤治療ってのは最終手段、野球で言えば敗戦処理・・・と考えてるんで
(副作用ばっかでロクに効果ないイメージ。・・・あくまでイメージですハイ)
しばらくはこのまんま様子見で、大きくなれば手術で・・・が希望ではあります。

もし毛が全ヌケして、生えてこなかったらアレだからな~(^^)

次回CT撮影・診察は7月6日、9時45分からCT撮影で10時に外来で診察です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/868-2dd16423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック