FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
気がつけばもう1年経っちゃったんですが。

去年の2/14は大雪で、嫁とオカンが病院まで来るのに難儀したらしいんですが
本人は「こら誰もチョコ持ってきてくれんなぁ~」とか考えていました(^_^;
(とはいえ、手術のために家を出る時は「今度帰ってくる時は白木の箱に入って帰るかも・・・?」
と考えたり考えなかったり)

んじゃ去年と比較しましょう。

P1000038.jpg
これが術後10日目の様子。
傷跡がハッキリ見えます。
ちなみに体重は64キロでした。

IMG_0060.jpg
コレ今日。
見てのとおり体重が69キロまで増加(^_^;
ってまぁ大分傷跡が目立たなくなってきておりますが・・・。
ちなみに子供たちはコレ見て
「ミッフィーや!コレはミッフィーや!」と言っています。
乳首が目で、傷跡が口らしい(^_^;

んで体調はどーよ?と言えば・・・
非常に疲れやすい、ちゅうか疲れが取れにくい感じ。
仕事で少し無理すれば、休日は一日中寝てます。
ま、これは加齢のせいかも知れませんが(^_^;
ちなみに右副腎を摘出しましたが、左副腎も摘出して大丈夫らしいです。
肝臓が代替機能をもつ、とか。

腹筋は殆ど痛みなし。少々力を入れても大丈夫です。
体をひねる事も特に問題なし。

ただ、傷口が引っ張られるちゅうか。
上体そらしは出来ません。背伸びしようとしても、体が垂直よか後方へ伸びませんです。

あと、腹筋は痛くないんですが
傷口の表面は痛みが残っています。
Tシャツ等がこすれると若干痛みがあります。

さらに矛盾しているようなんですが、
IMG_0060 - コピー
黄色い線で囲っている部分は、何故か感覚がありません。
触れても分からないっす。
傷口よか上半身部分は、ちゃんと神経が通っている・・・ような感覚です。

とまぁこんな感じで日々生活しております。
が、寛解(かんかい)までは程遠いだろなぁ・・・と思っております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
毎度~。

あらためて大変な手術をされたんだなぁ…
と感じます。かなりビビってます(;゜0゜)
2012/02/17(金) 18:33 | URL | kezberon #-[ 編集]
どもー。

確かに、傷跡だけ見たらエグいですよね~。
銭湯で、小さい子供がガン見してたし(^_^;
まぁ手術自体は麻酔で覚えてないし、術後の痛みも硬膜外カテーテルからのモルヒネブチ込みで、殆ど無問題でした。

一度経験すれば怖いもの無しになりますよ~!
2012/02/17(金) 21:17 | URL | shin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/561-48b03ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック