FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
え~会社から傷病手当の書類が送られてきまして。
片道40分かけて病院へ持っていってました。

メンドクサ。

ちゅうワケで、小糸製バラストを使うための下準備です。
色々と調べてみると、今持っているバラストはいわゆる「第3世代品」と
呼ばれているモノらしく、抵抗1本を換えるだけで出力UPできる名器らしいです。
ま、半田こてを30年くらい握ってないんでイジリは無しですけど(^_^;

ただ、本来はライトケース内に設置前提らしく防水対策が必須である、と。

なんで、まずはバラストに防水アルミテープを貼り付け。
相変わらずやっつけ仕事です(汁

んでバラスト本体のショート対策ですが・・・

以下の画像どぞ。

P1000002_20110427165925.jpg
いきなりですがココで訂正(^_^;
バラストから上部リレーにつながっているコードが+/-逆です(汁
本来はバラストの赤線と、エーモンリレーの黄色線を繋ぎます。
んでリレーの赤い線はバッ直へ。
バラストの黒線はアースへ落とします。
これでショートしません。

あとはまぁ見てのとおりです。
要はリレーレスコネクタからの電流を、リレーのスイッチング電源に使うんで。
バーナーのハイ/ロー切り替えは、既存の中華キット付属のリレーで行うと。

バラストのD4ソケットと変換ソケットの接続部の防水性が怪しいんで、ブチルテープと
ビニールテープで養生しときます。
高電圧が掛かるんで念入りに、です。

これで試験点灯させると・・・
相変わらず安定するまでが早い(^_^;
ハイ/ローの切り替えも上手くいきます。

んじゃ早速本組みで・・・
また時間切れです(^_^;大雨降ってきたし・・・

次回の休みは5月中旬なんで、それまでお預けですな~。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/520-45124163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック