FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
というわけで。
今回の震災について個人で出来ることを考えても、
募金と買占めをしない、て事くらいしか思い浮かばんのですが。
徳島でも電池・懐中電灯は品切れで、なんだかなぁ・・・という感じですが・・・
また、子供が通う小学校から通知が来まして
今回の震災で被災した子供(要は両親を亡くした震災孤児)
彼らを受け入れる家庭を探しているらしいです。
残念ながらウチには受け入れる余裕もなく、義援金を
送らせてもらっただけですが・・・
なんとか早く復興を・・・と祈らずにはいられません。

閑話休題。
退院後初めて診察へ行ってきました。
相変わらず傷口から汁が出ている現状で。
I先生が見るなり
「あ~コレは縫った糸が表面に出てきているんですわ。
こいつが反応して傷口が塞がらないんやね。
コレどーです??」
と糸を引っ張ります。

「イデデデで~!センセ、痛いっすわソコ」
思わず叫びます(汁

とりあえず出てきている糸を切り飛ばし、これでしばらく様子見しましょう、と。
もちろん「うるおい療法」を併用します。

ついでに血液検査もします。
採血後、1時間弱で結果が出まして。
I先生曰く
「大手術した人とは思えんくらい見事な数値です。問題なし!」
との事でした。
ちなみに次回診察は、4月19日。
今日と同じく創部確認と血液検査となります。


おまけ
さんまの「ホンマでっかTV」でおなじみの武田邦彦先生、
今回の原発騒動についてわかり易く解説しております。
書いてあることを鵜呑みにするのはアレなんですが、なるほどなぁ、と考えさせられる内容ではあります。
武田邦彦 (中部大学)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/512-da96e434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック