FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
というわけで、季節外れなS660のターボパイプ断熱ネタでも。

先ずは用意した物。
IMG_1028_20190924180531561.jpg
ガスコンロ用ゴムホースカバーです。
ダイキで1個248円・・・だったかな。
材質としてはアルミニウム、耐熱紙・・・とあるんですが
使う場所が場所だけに、燃えたりしないかライターで炙ってみました。

IMG_1029.jpg
一瞬、炎が出ましたが燃え広がることもなくすぐ消えました。
ま、こんなもんですかね???

んでコイツをパイプの長さに合わせてハサミでカット。
で、あわせてコイツもカット。

IMG_1030.jpg
以前、フロントパイプに巻いた耐熱布も、同じくカットして・・・

IMG_1031.jpg
カバー内側へセット。

IMG_1032.jpg
先ずはパイプ下側へ。アルミ製なんで外れる事なく仮固定でしました。

同様に数セット作って上から・ゴムホース部分もカバーしましょう。
IMG_1033.jpg
固定は耐熱性を鑑みてアルミ製の針金。
ステン製よか柔らかいので作業性が良いです。

IMG_1034.jpg
久しぶりに純正ブローオフバルブを大気開放してみます。
出口側にはブレードホースを10センチほど取り付けて静音・整音化してます。

IMG_1035.jpg
純正ブローオフバルブの付いていた穴には、aliexpressで買ったガラスコーティング剤の小瓶のキャップ
アレが丁度いいサイズだったんで差し込んで適当なステーで固定、です。

パイプ類を断熱したところでパワーアップであるとか、フィーリンクアップなんてのはまぁ無い、と
個人的には思うわけですが、熱ダレまでの時間稼ぎ・・・と考えると、
お手軽さ・イジった感の満足度もあわせて「アリ」なんじゃないかなぁ・・・と思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyberef88.blog5.fc2.com/tb.php/1013-f8601bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック