FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

てなわけで、ビートと同じくS660もブローバイガスが多いみたい。

ビートの場合は傾斜したシリンダーのせいでブローバイガスが多い。だったかな?
S660の場合はエコエンジンのせいでピストンリングの張力が低い。んだった?
両方ともうろ覚えですが(^^)

まぁ実際にブローバイガスが多いのも事実みたいなんで、オイルキャッチタンクでも付けちゃろか?と考えました。

IMG_1054_201910142226104a1.jpg
ネットショッピングでよく見かけるキャッチタンクです。
レビューで見たんですが、コレ透明チューブが強烈に臭い(^^)
なので、外で開封したほうが良いと思います。

IMG_1055_2019101422210157d.jpg
薄板をプレスとか溶接じゃなしにまさかのアルミ塊からの削り出し!
こりゃ重いハズですわ。

当然のように内部にはセパレータ的なモノは無いんで、一工夫してみましょう。

IMG_1057_201910142221002de.jpg
手持ちのΦ6だったか耐油性ホースを突っ込んでみます。

IMG_1058.jpg
入り口側から。

もう少し長いホースを差し込んで、シールテープ巻き巻きでスキマを埋めてステンタワシを詰め込んだら
セパレータ的に働く・・・んじゃないかな?と思います。が、ホースが短いヤツしか持ってないんで
また今度の休みの日に調達しときます。

ついでにペラペラで全く意味なさそうなステーも、ちょっと良いアイディアないか考えてみましょう。
スポンサーサイト