FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

ちゅうわけで、どうせなら強烈に暑い時期にすりゃ良かった内容です(^^)

いつぞやに、油温・油圧を測ろうとメータ取り付けて、配線・センサー類をエンジンルーム内部に
まとめておいてたんですが。

ちなみに、油温計のセンサーを純正ブローオフバルブ付近に仮止めしていたんですが
気温30度超で、アイドリングで75度くらいで
走り出すとみるみる90度近くまで上昇しておりました。

走行風で温度が下がると思いきや、あの位置では(タービン直上?)予想とは逆な結果となりました。

んで、未だオイルブロックを取り付ける予定はナイんで(正直、面倒くさくなってきた(^^)
せっかくなんで吸気温度・・・と言うかエアクリボックス内部の温度を拾ってみよう、と考えてみました。

IMG_1017_20190914232040ec9.jpg
ナンノコッチャ?な画像ですが(^^)
ボックスから伝わってくる温度を嫌って、ブレードホースを使ってセンサーをフローティングマウント化(というのか?

とりあえずコレでしばらく走ってみて、後々温度を下げてみるアイディアを考えようかと思っております。


おまけ
IMG_1018_20190914232038743.jpg
汚れ物を洗ったり、油まみれの手を洗ったりするのに便利そうな簡易シンクと蛇口を買ってみました。

安価な樹脂製なシンクもあったんですが、紫外線による劣化がありそうなんで
あえてなステンレス製をチョイス。
ただし蛇口がまさかのプラ製でメッキ仕上げ(;´Д`)

んでコイツをこのまま使うのも芸がないんで・・・
IMG_1019_20190914232038e7c.jpg
本来は蛇口の根本(下側)には、散水用品であるワンタッチ式コネクタ・オス型が付いているんですが
アレだと常に水圧がかかる状態ではちょいと危険が危ない。
夜中に外れて水道ダバダバじゃシャレになりまへん。

なので、ここはコネクタを外し水道用フレキパイプへ変更。
これで一々水栓側の蛇口を開閉する手間が省ける・・・と思います。
が、やっぱり使わない時は水栓側を締めておくほうが良い気がします。
スポンサーサイト