FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

てなわけで、こないだトルクスレンチセットを買ってきたんで。

純正トップブリッジからメインスイッチを移設しましょう。

IMG_0982_201907262021111a8.jpg
特売品のトルクスレンチセットなんですが、まぁ特に問題なく外せました(元から緩んでたのか簡単に外せました

メインスイッチ自体は、当時のヤマハの規格品的な有りがちなブツなんで
RZ-R→SRX-4と簡単に移設できました。

が、若干干渉する部分がありまして。

IMG_0983_201907262021134ec.jpg
スイッチベース部分とハンドルロックの土台?部分が擦れてます。
ハンドルを切ると、ちょこっと重くなる・・・

IMG_0984_20190726202116181.jpg
こんな感じなんで、当たる部分をハンマーで少しだけ凹ませたら
スムーズにハンドルが切れるようになりました(^^)

あとは左へフルロックさせると、スイッチのベース部分とフレームが当たるんで。

IMG_0985_2019072620211815b.jpg
この状態ではハンドルストッパーまでギリギリ・・・なんで。
ベース部分をグラインダーで少しだけ削ったら、多分大丈夫でしょう。

んで一番の懸案事項なハンドルロックなんですが。
ハンドルを左へフルロックさせた状態で。

IMG_0986.jpg
○で囲んでる部分が・・・

IMG_0987.jpg
丸棒がニョキッと出てきてロック状態(^^)
が、矢印部分だけフレームの土台?部分と間隔が空いてるんで
ロック状態でも、フルロックから真ん中位置くらいまでハンドルが切れます(汁

コリャ100v溶接機使ってフレームに鉄板でも溶接・・・かね???

と、今日のところはここまで。
熱中症になったらシャレになりまへんでマジで。
スポンサーサイト



というわけで、今日は軽く組んでみましょう。

の前に(オイオイ
薄汚れているアルミ製のトップブリッジを軽くバフってみました。
IMG_0976_201907082152541d7.jpg
あんまりツヤツヤピカピカはアレだなぁ・・・と考えて、軽くバフってみたんですが
本当はヘアライン仕上げしたいんですが、さすがに素人では無理かな。
鋳肌部分はワイヤーブラシで磨いてみました。
が・・・もうサフ吹いてシルバー塗装したほうがマシな気がしてきた(^^)

んでは車体から純正前脚をチャッチャと外して・・・

IMG_0977.jpg
とりあえずSRX-4用前脚の仮組です。

よくある初代TZR250用前脚流用ではなく、あえてのSRX用流用なんですが
TZRはインナーチューブ径がφ39(だったかな)で、SRXはφ36。RZRよか1ミリだけ大径で。
車重もSRXが149キロでRZRが136キロ(1XG型)と、あんま変わらんかなぁ・・・と。
まぁたまたまヤフオクで格安でフォークとステムがセット販売されてただけなんですが(^^)

んでトップブリッジからメインスイッチの移設を・・・と思ったら、あそこはトルクスネジで固定されてた(汁

さすがにトルクスレンチは持ってないんで、今回はパス。また仕入れときます。

IMG_0978_2019070821525287e.jpg
心配だったハンドルストッパーですが。

切れ角的には問題なさそう。
ま、ガソリンタンク乗っけてみないと分かりませんが。
多分イケると思います。

と、今日はココまで。あんま無理すると脱水症状になりそう・・・