FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

てなワケで、リン酸亜鉛処理始めて1週間位経ったんですが。

一応毎日タンクの位置を変えて、立ててみたり寝かせてみたりひっくり返したり・・・
炎天下に放置してたんで、却って反応が激しすぎたんじゃ・・・・と心配してたんですが。

IMG_0560.jpg
コレよく見たら塗装が溶けてます(白塗装)

タンク表面は最終仕上げで2液性ウレタン缶スプレーで塗ったんですが、裏面(底面)は
アクリル塗装のまんまだったんで、それが溶け出してるっぽい(;´Д`)

とりあえず薬剤を抜き出して、小型の衣装ケース?みたいなBOX(コーナンで1000円位)へ入れて・・・

水道のホースをタンクへブチ込んで洗浄します。
IMG_0561_20180811215052bd6.jpg
こんな感じの塗膜の欠片?か金属粒(錆が変換された?)が10回位洗浄しても出てきます(腰いてぇ)

ある程度のところで切り上げて、取説通り仕上げのリンス処理します。
IMG_0559.jpg
最初に希釈させた時に、敢えて残していた原液です。
コイツをタンクへ投入し、グルグルと撹拌させるようにタンクを回して
満遍なく行き渡るようにして・・・

原液を排出後に乾燥させます。
なんでもきちんと乾燥させないと、防錆皮膜がうまく出来ないとか・・・
なんでこういう秘密兵器を投入して、強制乾燥させます。

IMG_0563_20180811215054a4a.jpg
ドライヤーに筒状に巻いたダンボールを付けて、しばし放置・・・
って休み休み稼働させたんですが(ヒューズ飛びそう

んで肝心のタンク内部ですが。
IMG_0564.jpg
こんなもんですかね???錆らしきものは見当たらないんですが、
黒いツブツブ状のモノが見られるんで、もう少し洗浄して再度リンス処理したほうがイイかもしれないですねん。
↑コレ絶対キャブに悪さしそうなんで、燃料フィルター必須だと思われます。

IMG_0566.jpg
注入口アップです。
コレ原液を刷毛塗りして乾燥させてみたんですが(^^)
きれいに磨いてからもっぺん原液塗ってみようっと。
スポンサーサイト



ようやく手が空いてきたんで、RZ250Rのレストアを再開させましょ。

IMG_0548_20180804231817a27.jpg
10年前に自家塗装したタンクです。
赤色の部分は、コーナンで買った1本198円の缶スプレー。
その上から2液性ウレタン缶スプレー(クリア)で塗装後、#1500耐水ペーパー→粗目コンパウンド
→細目コンパウンド→鏡面コンパウンド、で仕上げたんですが。

見事に退色してます(;´Д`)

IMG_0552.jpg
タンクキャップを外して。

IMG_0551.jpg
いつぞやアストロプロダクツで買ったペン型真鍮ワイヤーブラシ、で磨いてみます。

IMG_0553.jpg
んんん・・・こんなモンですか。

あとはママレモンをタンクへぶっ込んで、ホースで水をドバドバ注入して洗浄。

IMG_0549.jpg
20回位繰り返して(疲れた・・・)も後から後から黒サビ・・・というか
10年前に施工したリン酸亜鉛処理の残骸が出てきます。

とりあえず50回くらい洗浄したら、黒サビは出てこなくなった・・・と思い込みます(^^)
燃料フィルターは必須かも知れないですハイ。

IMG_0554_2018080423183731b.jpg
タンク底面。思ったよりもマシ・・か?

IMG_0555_20180804231840b2c.jpg
タンク右側、ちょうど右膝が当たるあたり・・・の底面と壁の溶接部分。
やっぱあんまりサビてないなぁ。

とはいえ、このまんまではまぁたサビそうなんで再度リン酸亜鉛処理を。

IMG_0556_201808042318419a0.jpg
YahooショッピングでゲットしたモンキーダンクⅢです。
以前はコレの前のタイプ(HV)を使用したので、再度同ブランドのブツをゲット。

まずは・・・
IMG_0558.jpg
コレどういうコッチャ?と言うと、70リットルの厚手のゴミ袋にタンクを入れ、
希釈したモンキーダンク(15倍くらいか)を投入。
タンク内部ではなく丸ごと徐錆・防錆処理させます。
一応、用心のためゴミ袋は2重にしてあります。

IMG_0557_20180804231843397.jpg
ひっくり返してみる。

本来ならお湯で希釈させて使うんですが、この時期なら2~3日外に放っておくだけで
十分に加温されていい塩梅になる・・・ハズなんですが(^^)
一日ごとに向きを変えて、満遍なく処理出来るようにしましょう。

とまぁ予算的な縛りもあって乳もとい遅々として進まないんですが(汁

ま、完成は5年後くらいにしときましょう(^^)
最近は暑さのせいで、日中に作業するのはマジで危険が危ないレベルで。

年明けに自動後退(イマドキこんな表現するのはアレだ(^^)
初売りの売れ残りで買ったコーティング剤(CCウォーターゴールド)が無くなってきたんで
次期ワックスを・・・と色々と考えてました。

CCウォーターゴールドは・・・
作業性  ★★★★★(洗車後に濡れたまま吹き付けOK
ツヤ・キズ消し ★★★☆☆(細かいヘアスクラッチ傷までは消せず
撥水・防汚性 ★★★★☆(結構水弾き良い。汚れもつきにくい。撥水性能だけで言えば、同ブランドのCCウォーターロータスが抜群
コスト ★★★☆☆(ネット通販でも2000円前後?結構高めですが、使用頻度によっては半年以上持つからそれほどでもないか???

総じて言えばハイバランス型、といいますか「とりあえずこれ1本あればOK」という感じです。

んじゃ次もコレで・・・というのでは面白くない(^^)
次はツヤ・光沢重視(本当はコスト重視?)で色々とネットで調べて・・・

コイツに決定
IMG_0545_201808021931279db.jpg

タートルワックス(TurtleWAX) ICE ペーストポリッシュワックス T-46
↑アマゾンのレビューでも高評価で、実際に使ってみると
ツヤ・キズ消し性能が素晴らしい。
CCウォーターゴールドでは、細かいヘアスクラッチは消せなかったんですが
コイツを使うと殆ど目立たなくなりました。
使用方法も、いわゆる湿式・・・濡れた車体に付属のスポンジで塗り込みでOK。
一回のワックスがけで使用する量も、この方法だと1年位は余裕で持ちそうです(^^)

ガーニッシュやバンパーの無塗装・梨地仕上げ部分にも使用でき、白残りもせず
UVカット機能あり、光沢も抜群、おまけにお手頃価格、と良い事ずくめですが
唯一、匂いだけが甘ったるい、いかにもアメちゃん好みな感じで
好き嫌いがありそな感じであります。