褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

えぇと。
こないだ洗車中に気がついたんですが・・・

ハイビーム球ってのが純正ハロゲンで、納車後1年半くらい?経過して・・・

メッチャ抹茶色いや真っ茶色に(;´Д`)

IMG_0072.jpg

IMG_0073.jpg

正面から
IMG_0074.jpg

IMG_0075.jpg
これじゃあイエローバルブじゃなしにチョコレートバルブじゃねーかよ(;´Д`)

んなワケで、サクッとネットでバルブ購入。

IMG_0076.jpg
名門フィリップスのエクストリームビジョンHB3、です。

チョコット検索して、HB3バルブを見て回ったんですが
候補してはフィリップスのエクストリームビジョンか、GEゼネラル・エレクトリックのスポーツライトかメガライト、くらいですか??
青っぽい色付きバルブは・・・ありゃあシャレオツなファッションアイテム、と個人的には。
一昔(いやふた昔か)前には田舎のホムセンでも小糸、スタンレー、PIAA、をはじめ
シビエ(NORMA)、タングスラム、オスラム等々選り取りみどりの小松みどり(古い
おまけに何故か店頭ではピレリP7が山積みで売られてた(^^)

流行りのLEDに関しては、正直あんまり興味ない(^^)

ハロゲンのフィラメントでの発光が「線発光」に対してLEDは素子の「面発光」
HIDなんかも面発光、に近いかなぁ。
ビートの702k用HIDでグレア対策でどエライ苦労したんで、まともな光軸が出る、出せるのか???

でもハイビームなんでグレアもあんま関係無い?
灯具の形状からも、グレアは出にくそうな感じだし・・・
(バルブが奥まった位置にあるんで・・・反対に1BOXとか軽トラなんかの平べったい灯具形状では
社外品のLEDとかHIDでは盛大にグレアが出たり・・・します)

あとはやっぱり耐久性・信頼性の関しては、やはり昔ながらのハロゲン球のほうが
一日の長が有る・・・と思うんですが、純正バルブの真っ茶色を見ると
それもどーかな?と書きながら思ってきた(^^)

閑話休題。
クソ暑いしさっさと交換しましょう。
先ずはボンネット内部のユーティリティーBOX(打ちにくい文字だ(^^)を外し
ってこのネジ的なパーツはまんまクイックファスナー・・・バイク乗りなら思わずニヤリ、です(^^)
HB3のバルブを反時計回りに外してコネクタから引っこ抜いて・・・

IMG_0077.jpg
左側2個が純正、右がフィリップス製です。
コレ使用期間1年半、時間で言うと・・・
1日当たり5分点灯で年間350日使用で・・・大体年間30時間
これで1.5年だと45時間使用で、この状態ですか???う~~んんn

ま、社外品に交換できるいい機会だな、ということにしときましょう(^^)
スポンサーサイト
ちゅうわけで、まさかの連日の更新(^^)

フリードスパイク用に、中古スタッドレスタイヤ&ホイールをヤフオクにて落札。
今の時期はタマ数こそ少ないですが、値段的には底値で競合者もあんま居ません。
もう少しあと・・・秋口あたりに雪国でスタッドレスの早割キャンペーンとかが始まれば
タマ数は豊富になってくるんですが、いかんせん送料が(^^)

んなワケで、以下画像ドゾー
IMG_0067.jpg
見ての通りの中華ホイール15インチです(^^)
タイヤは2013年製ヨコハマ アイスガードIG30 185/60R15

IMG_0068.jpg
2013年の第16週、です。
4年オチのスタッドレスなんざゴミ同然、と言われそうですが(汁
アジアンの新品スタッドレスも考えたんですが、やっぱ中古でも国産がイイんじゃね?と考えて・・・

普段通勤で使っている橋(嫁も使ってます)全長734メートルとかで、気を抜いていると凍ってて焦ります(^^)
で、まぁノーマルタイヤよかはマシじゃん、と考えて落札しました。
どうせ周囲は夏タイヤが多いんで、そんなにスピードは出せないし・・・
それに今回落としたタイヤは・・・
IMG_0069.jpg
2013年製ながらほぼ新品(^^)
コレでコミコミ15000円ナリ
まぁアリじゃないですかね???

とりあえず、もうこれでしばらくはフリードスパイクも弄る予定は・・・無し

だと思うんですが(^^)
えぇと。

前のフィットは1300ccだったんで、この時期は燃費計で大体リッター17キロくらいだったんですが。
対してフリードスパイクは1500ccで車重もかなりある・・・んかいな???
燃費計でリッター12キロくらい・・・

んん~~思ったよか良くないな(^^)
そういうワケで、いっちょコイツを使ってみよか?と・・・

01b79a71aa3516cb692753ae51746a3cc0d9436b45.jpg
PIVOTの3-drive · αです。
クルコン付きのスロコンってややこしい表記です(^^)
データをみるとECOモード最大では、燃料消費がおよそ1/2となっており
コレは非常に期待が持てます。

って実はこのパーツ、元々フリードスパイクに装着されていたパーツなんですが。
正直、メカ音痴なオーナー(嫁)が扱うにはちょっとややこしいパーツだと思ったんです。
(クルコンなんか何だか危なそう、と)
んなワケで、納車の際に外してもらってヤフオクにでも流そう、と考えていたんですが
ここに来て路線変更(^^)

コレでどんだけ燃費が改善されるか、興味津々であります。

んでもコレも自力で付けるのはシンドそうであります(^^)
昨日の続き・・・みたいな感じですが。

フリードスパイクにはETCが元から付いていたんで、フィットに付けていたETC器械を
S660に転用します。

予め軽自動車用に再セットアップ依頼していたんで、今回はサクッと取り付け(サクッとは行ってませんが(^^)

IMG_0048.jpg
以前取り付けていた電源取り出し用カプラ、です。
コレもうちょっと整理せんとイカンのですが・・・いずれまた(汁
コイツの赤い端子がACCなんで、コイツとETCのプラスを接続。
アースは、いつぞや付けたエーモンの4連アース端子へ。
これで電源廻りは完了。
ちなみに紫線はリバース線なんですが、この線と赤い線(ACC)を繋ぐと
走行中でもバックカメラの画像が見られます(確か

IMG_0052.jpg
エーモンの配線通しに、ETCのアンテナ線をテープで巻きつけて固定。
Aピラーカバーを外して(内装外しを差し込んでバキバキっとめくれば、意外と簡単に外れます

IMG_0054.jpg
この画像ではコネクタが丸見えですが、実際はテープを巻いて引っかかりにくくしました。

IMG_0058.jpg
こんな感じで、足元まで引き出します。

あとは配線をキチンとまとめて(一番厄介です(^^)

IMG_0059.jpg
ETC本体はとりあえずココへ固定。

ETCカードは持っていたんで、先ずは差し込んでみると・・・
OKOK、認識しました。

ちゅうわけで、またいずれ実際にETCゲートへGO!してみます(コレが一番怖い(^^)
ちゅうワケで、嫁さんのフリードスパイクにさっそくパーツ装着(大袈裟(^^)

以前代車で借りたフィットのステアリングが、いわゆるウレタンハンドルで
直射日光のせいか劣化が激しくボロボロの粉々になりつつ・・・な状態でした。

今度のクルマもウレタンハンドルなんで、劣化防止と手触り向上のため
本革製のステアリングカバーを装着してみました。

とはいっても、果たしてどんなモンがイイのかさっぱり判らないんで
とりあえずネットで一番安価で、デザインが良さげなブツを買ってみました。

IMG_0045_20170709233236d65.jpg
限りなくチープですが(^^)一応本革製。

んじゃ早速取り付け。
IMG_0046.jpg

IMG_0047.jpg
何だか心霊写真みたいな写り方です(^^)
コツがつかめるまで、取り付けにはちょっと難儀しました。
力の弱い女性はちょっとシンドいかも知れません・・・

一応、夜間も作業出来るよう家を建てる時に、屋外コンセントを2箇所、水道を1箇所設置しております。
オマケにカーポートには去年LED蛍光灯を自力で設置(電気工事士免状持ちです
こんな感じ↓(去年の画像ですが
IMG_0964.jpg
ガレージはムリですが、カーポートでもそれなりの弄りや洗車は出来るような環境となっております。

昼間はアッツアツになるんで、ちょっとオッサンにはキツいですが(^^)
前回病院へ行ったのは・・・4月ですか???
あれから3ヶ月経過したんで、CT撮影と診察行ってきました。

っと病院へ行く前に、娘を高校へ送っていきます。(休日の恒例行事です(^^)
自宅から一番近い、ってんで進学した田舎の進学校なんですが
何故か仕事が休みの日はいつも送って行ってます。

今時珍しい学ラン・セーラー服な高校へ、ド派手なS660で行くのはちょっと恥ずかしい、
と思っているかも知れない(^^)

んで取って返し大学病院へ。
10時前に到着すると一番込み合う時間で、駐車場からロビーから混み混みで閉口(しゃーない
そそくさとCTを撮り終え、外来へ移動しY先生とお話し。

こだいだは抗がん剤治療にやたらと積極的だったんですが、今日はなぜかトーンダウンしてる(^^)
どーも泌尿器科(薬剤治療になるなら、泌尿器科が担当になります
とのカンファでも、しばらく様子見・あえてクスリを使うことも無いだろう・・・てな感じらしい。

CT画像を見る限りでは、前回4月の時と殆ど変わらず。
相変わらず右肺に2箇所転移巣がありますが、大きさも4ミリくらいで
手術するほどでもない、という感じです。

てなワケで、んじゃ1年ぶりにPET-CT撮りましょう、となりました。
いつものCTでは腰部~胸部だけしか見ませんが、PET-CTなら
全身を見られるんで、年一回はPET-CTをしましょうとの事です。
医師からの指示なら、PET-CTも保険が適用されるんで費用もかからず
(自己申告でPET-CTを受けるなら10万OVERです
安心料と考えれば、年一回のPET-CTはアリだと思います。

というわけで、次回PET-CT撮影は9/26の8時40分~中央診療棟1階(問診票忘れずに
外来での診察は10/12の10時から、となります。
↑コレを書いとかんと忘れます(汁
ちゅうワケで、RB型オデッセイ(多分アブソリュート)用の純正フォグランプ
アレをResultJAPAN謹製バンパーダクトカバーの内部に仕込む、という
大したテクもないのに大掛かりな工事を目論んでいるワケですが(^^)

ボチボチと下準備を進めております。

IMG_0021.jpg
いきなりサフ吹いてます(汁
こないだのホイール塗装のときに使った余りモノのサフです。
純正グリルやガーニッシュ風な、梨地仕上げ的な風合いを期待してあえて空研ぎナシです。

IMG_0025.jpg
さらに半ツヤ黒塗装・・・で何故か耐熱ブラック(^^)

半ツヤ、セミグロスブラックって自動車用缶スプレーでは存在せず、
模型用でタミヤとかグンゼ産業では有るんですが。
ちょっと近所では手に入らないんで、代替品で半ツヤの耐熱ブラックを使ってみました。
色合いは、出来れば純正グリルみたいな「日なたではややグレーっぽい黒」が理想なんですが
さすがにそこまで言い出すとキリがないんで、今回は耐熱ブラックでお茶を濁します。

んがしかし。耐熱塗料ってな熱を入れんと硬化しない・・・取説に書いてありますが。
半日ほど静置しておいても指触乾燥せず、薄っすらと指紋が残ります(汁

こんな状態でフォグランプ埋め込む作業したら、あとで再塗装は必須になるのは火を見るより明らか。
その場合は、藍住のコーナンでPLASTI DIPのスプレー(ラバースプレーの元祖)でも買ってきましょう。

IMG_0023.jpg
コレは何してるかといえば・・・
付属の黒カッティングシート(ガーニッシュ形状合わせてカット済み)
コレをバンパーに貼る時に、失敗する確率が85%くらいあるんで(^^)
その時に備えて予備を作るための型紙を作っておきます。

んでいざ貼ってみましょう。
IMG_0029.jpg
あー・・・

IMG_0030.jpg
こりゃヒデェ(他人事

まぁダクトカバーを装着すりゃ隠れてしまう部分なんで、こんな状態でもイイ・・・か???

とまぁこんな感じの進捗状況であります。