褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

出張でおよそ1週間放ったらかしだったS660。
久しぶりに休みなんで洗車しまよう。

っとその前に色々と買い出し。
洗車してパッと見はキレイなんですが、よ~く見ると
ボンネットとリアエンジンフードに、水垢ちゅうか染みちゅうか、くすみがありまして。
鏡面仕上げ用のコンパウンドで軽く擦っても、殆ど落ちないんで
色々と検索して、コイツをゲットしてきました。
IMG_1159.jpg
ある意味定番な「水アカストロングバブル」です(^^)
要は薄~いアルカリ性の漂白剤的なブツで、チョイと扱い方が難しそうであります。

先ずはいつものように洗車して、とりあえず濡れたままのエンジンフードにコイツを施工してみました。
直接吹き付けずにペーパータオルに吹き付けて、濡れたままのフードにヌリヌリ。
結構薄まった状態で塗り、素早く大量の水で流しながら拭き取り。
樹脂部分とかに残ると、割りと大変な事態になりそうな予感・・・

んでコレを繰り返して・・・・おぉ、くすみが消えた!(^^)スバラシイ。

あと追加で買ってきたコイツを・・・
IMG_1158.jpg
鉄粉取り用ネンドです。

職場近くで借りている駐車場てのが、線路から100メートルくらいの場所で
洗車してワックスかけた状態でも、ボンネットなんかは結構ザラついてまして・・・(汁

鉄粉取り用のスプレー(紫色に変色させる、あのクッサイヤツ(^^)、あれでも効果なかったんで
今度はコイツを使ってみました。

以前使ったネンドは、水かけながらでも塗装がスジスジに傷ついた苦い過去があったんですが
コイツは見ての通りスポンジ枠内にネンドをはめ込んで、水で濡らして優しく撫でます(^^)
さらに優しさを倍増させるために、今回は中性洗剤をよく泡立てて浸してから使います。
(洗車用に20年以上台所用洗剤を使っていますが、特にネガな部分はありません。
が、強いて言えば生分解性の高いヤシの実洗剤がベターでしょうね~

んで効果の程は・・・
バッチリすべすべになりました(^^)ボディに傷も殆ど付かず、コレは良いっよマジで。

ちなみに使ったネンドをよ~く見ると、銀色のツブツブが何個か見られました。
コレ年1回くらいはネンド使った方が良いのかもしれません・・・

洗車してキレイになったんで、いつものように近所の道の駅までひとっ走り。
20170523_050015000_iOS.jpg
良い天気だなぁ~
20170523_050057000_iOS.jpg
やっぱ青イイな(^^)

んで帰りになんとド真っ赤なランボルギーニ・カウンタックLP400とすれ違い。
香川方面へと走っていきました。スゲー。

んじゃ次の休みには、オススメのドライビンググローブの紹介でも・・・
ってフォグランプの話しは無いんかーい!?

・・・4月末にオーダーかけたパーツが、納期が2~4週間とかなんで
そろそろ連絡が来てもイイハズなんですがね~。
スポンサーサイト
昨日から出張で神戸へ来てます。
ビジホに泊まると何故かテンション上がりますね~(^^)
節約のために有料チャンネルはナシです!?
というわけで、無事にゴールデンウィークの繁忙期を乗り越え
やれやれ・・・という感じですが。

とりあえずフォグランプを埋め込む用に、バンパーに開ける下穴の寸法を出してみた。
20170508_140444000_iOS.jpg
既に開けてますが(^^)
段ボール相手なんで、かなりざっくりした切り方です。


20170508_140559000_iOS.jpg
裏面のネジ穴やらリブが厄介でありますが。

20170508_140544000_iOS.jpg
表から見るとこんな感じで。

この状態でベゼルからタッピングビスでもねじ込むと、とりあえずバンパーへの固定は可能ではあります。
実際には、もう少しベゼルを削り込んで一回りくらい小型化した方が良いんでしょうけど。
裏面のネジ穴やリブとの兼ね合いもあるんで、もう少し熟考しましょう。

ま、実際にはこのままバンパーに取り付けるんじゃ無いんですけどね(意味深