褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

ビートでもそうだったんですが、S660も若干の「切れ長の目」をしているんですが。

P1000042_201611251237169d3.jpg
この画像が分かりやすいんですが、ウインカー部分をレンズ用クリアオレンジスプレー(確かダイヤワイト製)
アレで塗装していました。
15年以上経過していましたが、特に劣化・色あせすること無く最後まで無問題でした。

S660も若干の切れ長の目ン玉というか、要はクリアなウインカーってのがイマイチ馴染めないワケで。

そういう訳で(前フリが長いな~
S660のヘッドライトに、ウインカー用のクリアオレンジフィルム貼りましょう、と。
・・・いやさすがに未だ塗装まではムリなんで(^^)

先ずは、ヘッドライトのウインカー辺りに幅広マスキングテープを貼り付け。
IMG_1002.jpg

んで秘密兵器投入(大げさ
IMG_10105.jpg
ボールペンに割り箸を固定したモノ。
コイツを・・・・

IMG_1003.jpg
こんな感じでなぞると、ライトのカーブに沿ったラインが簡単に引けます(^^)
下部のラインも簡単。フリーハンドで引くよかキレイ・簡単です。

IMG_1004.jpg
出来ました。

あとは剥がしてA4の用紙に貼り付けて2~3枚コピーして・・・
裏面にうす~く糊を塗ってフィルムへ貼り付けて切り出し。
カッターやデザインナイフじゃなしに、慎重にハサミを使います(不器用なんでカッターよかキレイに切れる(^^)

あとは霧吹きでライトを湿らせて貼り付け、っと。
ヘラでキレイに水分を抜いて・・・ウインドウフィルムと同じですねん。

んで完成。
IMG_1006.jpg

IMG_1007.jpg

えぇと。
思ってたより随分と(色が)薄いんですけど(汁
コリャ2枚重ねで・・・って絶対失敗するわ(^^)


やっぱ塗装のほうが発色も鮮やかだな~~~~
スポンサーサイト
去年の11月19日にS660がウチにやってきたんですが。
http://cyberef88.blog5.fc2.com/blog-entry-774.html
↑こんな感じでした。
(マフラーの取り回し具合から、ビートみたいな自作マフラーは難しいよなぁ~

あれから1年が経ち、走行距離は1万7千キロ超えました。
往復50キロな通勤路なんで、まーまー妥当なセンではないでしょうかね???

ちなみに主な使用用途は通勤、休日の子供の送迎・・・と非常に勿体無い使い方です(汁

ビートがおよそ16年乗って走行23万キロ(4万キロ走行の中古車だったんで、総走行距離は27万キロですが
最低でもビート超えを目標としているんで、マダマダこれから・・・であります。
ちゅうわけで、見よう見まね&やっつけ仕事で貼り付けたアルミテープの効果の程は・・・

予想通り効果はワカリマセン(^^)
強いて言えば、加速中の伸びが改善されたような、されないような??

ノーマルのS660ってのが、アクセル踏みこんで加速していても
何というか・・・アクセルの踏み込み量、回転の盛り上がり、スピードの出方、が比例してない・・・感じで。

それが若干改善されたような???
今までよりは上の方まで”加速感”が持続している・・・ような気もします。

操縦安定性に関しては、殆どワカランです(^^)
通勤路が吉野川南岸の土手、結構うねったり補修跡があったり、な道路なんですが。
そこを70キロくらいで走ってみても(制限速度+10キロくらいは大目に見てねん
特に外乱に強くなった、とかクイックになった・・・なんて変化は残念ながらありませんでした(^^)

とまぁ大騒ぎした割りには、ある意味予想通りな結果でしたが
安価なアルミテープで、お気軽に色々試してみる・・・
こういう楽しみ方ってーのも十分アリですよね(^^)
こないだ貼り付けたアルミテープなんですが、あれからもうちょっとマジメに調べてみた(^^)

このへんの記事を読んでみますと、どうやらホムセンで売っているアルミテープでも十分効果はあるらしい・・・です。
Amazonなんかで売られている、価格の高騰した導電性の糊の付いたアルミテープまでは必要ない???

↑の記事をよくよく読んでみると、アルミテープで除電されて纏わりついていた空気の流れがスムーズに乖離していく・・・と考えていたんですが、どーも真逆なみたいでした(^^)

面白そうなんでもう少し追加で貼り付けてみましょう。

IMG_0993.jpg
目立たないようなサイズに切り出したら、随分小さくなった(汁
ドアミラーの下側です。
もう少し横長でもイケそう・・・

IMG_0992.jpg
ドアパネル下側。
効果は・・・静電気除去で、バチッと来なくなりゃイイかな(^^)

IMG_0995.jpg
ドアガラス後部Bピラー部の左右インテーク部分、の内側。
スムーズな空気の流れで、吸入効率・冷却効率UP間違い無し???

IMG_0997.jpg
あと、なんか空気の流れが良くなって欲しい場所に貼り付け(^^)

効果の程は、また明日のお楽しみです(^^)

それにしても。
こういうときに、「照明つけておいて良かったなぁ~」、としみじみ思うワケです(自画自賛
急遽日曜日に休みだったんで、息子と一緒にとくしまモーターショーを見にアスティとくしまへ行ってきました。

10時開場だったんで、少し早めに着いたほうが・・・と考え9時40分くらいに到着。
駐車場入り口には既に200メートルほどの行列が(汁

何とか入場し、先ずはお目当ての・・・

IMG_0984.jpg
新型NSXです。
エグいような、他メーカーのスーパーカーからしたらアッサリしてるような???

IMG_0985.jpg
リアは随分アッサリし過ぎです(^^)
S6660みたいに、左右テールランプ間にガーニッシュなり排熱ダクトなり設けたら
イイんちゃうかな~?と思うのは素人考えですかね(^^)
多分次回のマイナーチェンジで改良されるでしょう?

IMG_0983.jpg
インプレッサWRCです。
個人的にはピカピカよりも、歴戦の猛者的なヤレた感じが好きなのですが(^^)

ぶらぶら見て回ったんですが。1時間ほどで「もー帰ろう」と息子が(汁
会場のキャパをオーバーしてる感じで、クルマがギューギュー詰めで
ゆっくり見えないし、会場全体が雰囲気重視で照明も暗め・・・
あそこってこんなに狭かったっけかなぁ???という感じでした。

以前行ったエンジョイホンダに比べたらアレでしたが、
さすがにメーカー主催の一大イベントと比べるのは酷な気もします。

んで会場から出てみると・・・
メッチャ大渋滞(汁
駐車場待ちのクルマが、文理大学からず~っと西側の国道まで、さらに左折出来ずにホテル前まで続いておりました。

やっぱ何事も早め早めの行動が吉、ですね(^^)
最近、巷で話題沸騰(死語)なアルミテープチューニング、アレやってみました。

「アノ大トヨタ様が公認!」ってなワケで(かなり誤認)、単なるオカルトチューニング!?
とは言い切れない感じで、DIY好きな連中がこぞって施工しているんですが。

「乗るしか無い、このビッグウェーブに!」てな感じで、いそいそと道具を引っ張り出してみました。

IMG_0981.jpg
以前から持ってたダイソーのアルミテープ。
ホムセン物と違い、メッチャ薄い(^^)

「銀色のテープが丸見えだとダサい!」ってな方は、
ホムセンで黒色なアルミテープ売ってますので、ソッチを買うのもアリでしょうね~
ただしアレ1巻1000円以上しますけど(汁

んでコイツを・・・・
IMG_0972.jpg
こんな感じで切り出して・・・

IMG_0973.jpg
こんな感じに、ロールバーガーニッシュ?部分の裏側、見えない部分に貼り付けます。
一応バランスを考えて、左右均等の位置に貼り付けてます。

後は・・・
IMG_0971.jpg
このパーツ。
プラ製のポッチ2箇所で留まっているだけなんで、引っ張れば簡単に外れます。

IMG_0970.jpg
目立たないように、裏側に貼り付け。
ゴム製パーツなんで剥がれる・・・かも?です。

あとはハンドリングが激変するというステアリングコラムカバーへ貼り付け。

んでは早速試走!

・・・・
・・・・
・・・・?
オープン状態でリアウインドを全開に下げると、エンジンからの熱気がモワ~っと
盛大に車内へ流れ込んでくるのは、S660乗りな方ならよくご存知な事でありますが。

それがかな~り軽減されますよマジで。
テープ貼付け前の熱気を100とすると、貼付け後は20~30くらいになりました。
コレは意外な結果です。

つらつら考えますと、静電気のせいでボディ後方にまとわり付いていた熱気が
テープの放電のせいで、上手く後方へ流れていっている・・・と言うことですかね???
しかし冬場なら熱気が入るほうがイイような気もしますが(^^)

ハンドリングに関しては、スンマセン全然違いがわかりませんでした(^^)


お次は異音対策です。

割りとシートポジションが後方で、ヘッドレストとリアのバルクヘッドの樹脂パーツが擦れて
「ギュッギュッ」とか鳴いて耳障りだったんですが。

こういう場合はコイツの出番です。
IMG_0975.jpg
無溶剤なシリコンスプレー。
文字通り溶剤を含まないんで、樹脂パーツでも気兼ねなく使えます。
コイツを・・・
IMG_0976.jpg
ちょっと吹きすぎた(汁

これで異音ともオサラバ、効果グンバツです(死語再び

お次は(まだまだ続くゾ
異音対策、ではなくオーディオの音質向上、です。

ドアパネルにツィータを乗っけているんですが。
ツィータ自体が耳の方へ向いてないんで、ホムセンで三角形な木片買ってきてゲタ履かせてみました。

IMG_0607_20151225222808135.jpg
今まではこんな感じ。
耳の方向じゃなしに上に向いてました。

ソレを・・・
IMG_0978.jpg
こんな感じでゲタ履かせて・・・

IMG_0979.jpg

IMG_0980.jpg
こんな感じでキチンと向きを整えました。
すると今まで聞こえてこなかった細かい高音が聞こえてきて、非常に満足満足、です(^^)
見栄えはアレですが(汁

しかしそうなると、純正オプションのツィータ、アレもうちょっと位置考えた方がイイんじゃないかなぁ?と思います。


とまぁこんな感じで、中々に充実した一日でした(^^)


IMG_0974.jpg
目立たないように裏側にアルミテープ貼ったのに、表からは丸見えです(汁