褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

結論から言いますと、「そろそろ本格的な治療をしましょう」と。

腫瘍は相変わらず緩徐ながら増大しており
(とは言っても6ミリが1個、4ミリが2個)

一度副腎髄質シンチグラフ撮りましょう、となりました。

副腎シンチで、放射線に対する感受性を調べて
感受性が高いなら131I-MIBGによる放射線内照射療法(RI)を行い
感受性が高くないなら抗がん剤による治療(CVD療法)を行うとのこと。

ただし放射線治療を行う場合は、徳島県内には施設がないため
石川にある金沢大学病院へ行って治療する(保険適応外のため全額自己負担、30万円くらい

CVD療法(C シクロホスファミド、V ビンクリスチン、D ダカルバジン)の場合は
奏功率の割に(10%から30%)、副作用がキツイので
病院側としては、まず放射線治療を・・・といった口調でありました。

んじゃ手術は?と聞くと
腫瘍が小さい&複数あるので、現状では難しい、とのことでした。

ちなみに、徳大病院では10年ほど前にも褐色細胞腫の患者さんが居てて
今でも存命らしいです。

・・・さてさて。
これからどうなるんでしょうかね???
まだまだ希望は捨てていませんが。
スポンサーサイト
検査結果の発表です。

まぁ腫瘍が縮小・消滅はまず無いとして
現状維持なら上出来、進行が遅れているのを期待して・・・

相変わらず大きくなっているようなら、これからの治療方針等々
詳しく聞いてきます。

進行しているなら、新たにサプリちゅうか
個人輸入できる抗がん剤でも引っ張ろうかと思案しています。
今回で何回目のCT検査だったか???

そろそろ術後2年経過するんですが、3ヶ月ごとにCT撮ってるんで・・・
7回目か8回目か?
まぁ慣れてきたもんですが、それにしても造影剤入れるときの
アノ熱くなる感覚は・・・クセになりそう(^_^)

で、技師さんに一言お願いしてきました。
「最近、ここ2週間ほど前から腰痛が治まらないんで、よく視ておいてくださいね。
これ以上転移してたらかなわんですわ。」

技師さん、微妙な愛想笑いしてましたが。

検査結果発表は来週火曜日、29日です。
疲れがたまっていたのか、何年ぶりかに熱がでました(^_^)
平熱が36度前半なんですが、37度8分まで上昇。
なんで、昨日もお休みしてました。

このクソ忙しい時に連休取ったんで、色々と職場では言われていたらしいんですが・・・

んなこたぁ知りまへんがな(´・ω・`)
仕事よかカラダが大事やっちゅうねん!

まぁ言いたいやつにゃ言わしておきますが。
今日はちゃんと出勤したし。

まぁ今体温測ったら37度2分でしたけど(´・ω・`)
ちゅうわけで、ほぼ20勤なわけですが(´・ω・`)

急遽明日休みをもぎ取りました(^_^)
まぁ理由は色々とあるんですが、たまたま新年の挨拶にきた
支店長に「なんぼなんでも30勤なんかしたら、健康な人間でも倒れますわ」と直訴(^_^)

ようやく休みと相成りました。

さて・・・明日は寝ます。
ちゅーか寝させてくださいマジで。