褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

今回の診察は朝の8時半からだったんで
さすがの大学病院も空いていました。

んでCTの画像診断報告書は・・・・
Iセンセ曰く
「shinさんゴメン~こないだの報告書と殆ど同じ文章だわ~」

えぇと、
「前回(2011年11月15日)参照して、躯幹部CT所見に顕著な変化なく、新たな転移・再発を
示唆する所見は指摘できません。」

これコピペ?(^_^;

しかし一口にCT撮影つーても
読影医・担当検査技師・検査担当医って3名居てるんですねぇ。
まぁ他にも研修医みたいな連中がCT室にウロウロしてましたが(^_^;

んでたまにはIセンセと雑談以外の話しでも、と。
この検査って何時まで続けるんスか?と訊いてみた。

「あ~検査ね~。
shinさんの場合はね~。
一生検査します。10年20年後に出る(転移・再発)する場合もありますからね」

なるほどなるほど。
これなら胸部から骨盤にかけては、癌の早期発見できますな~。

んで会計へ。
なんと受付番号は念願の1番!(^_^;
コレ狙ってたんです!と思わず会計のお兄さんに話したんですが
お兄さんは苦笑いしてました。
ちなみに金額は210円でした(^_^;

次回検査は7月24日の予定です。
スポンサーサイト
昨日は娘の小学校卒業式でした。

色々と問題の多かった学年だったんですが
(5年生の時には、一部の生徒が授業を抜け出して裏山や保健室で遊ぶ、担任の女性教諭に蹴り入れる等々
殆ど学級崩壊状態だった・・・
ちなみに一部の児童の中にウチの娘をいじめていた子供も含まれて居ます。
んで授業参観の時は、担任・副担任・教頭と3人がかりで授業してました(;´Д`)
6年になって男性の担任の頑張りのお陰で大分マシになったんですが。

何とか全員卒業できました。
ただ、担任の男性教諭曰く
「キャリア22年の中でもかなり頑張りました」との事でした。

心中お察し申し上げます(;´Д`)

これからは中学生になるワケですが
一段と父親嫌いになるだろな~(号泣
ちゅうワケで、4ヶ月ぶりに病院でCT&血液検査してきました。

先ずは採血してきたんですが、何故か野戦病院なみに激込み。
待合室に入りきらない患者さんたちが、廊下まであふれています。

んで自分の番になり、担当してくれたおねーさんに訊いてみたんですが
「いや~よくある事ですよ~」と。

「しかし全然痛くなんですよね~。コレの針って普通よか細いんです?」
と訊いてみたら、一般的なサイズとの事でした。
CT撮影時の造影剤は痛い、ってな話しをしたら
アレは形状が特殊なんですよ、との事でした。


んでお次はCT撮影。
こっちは待ち時間が1分くらいでした(^_^;

相変わらず造影剤打たれると手首・足首・後頭部(首あたり)が熱い(^_^;
あーコリャ「首」と名前のつく部分が熱くなるんだな~と考えたんですが
さすがにチ○ビは熱くなりませんでした(^_^;

んで会計で。
合計\13220でした。

次回診察は3月27日です。
何か検査で異常が見つかれば、速攻で電話があるはずですが。
何も無いことを祈っておきましょう(^_^;