褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

え~実は去年の春の車検時に、リアのドラシャブーツ(インナー)の交換をしたんですが。

それ以来、真っ直ぐ走っていてもハンドルが常に傾いた状態だったんですわ。
センターから左に傾いた・・・ちょうど11時くらいの位置で。

んでこないだまで気がつかなかったんですが、リアタイヤが異常に磨耗して(汁
色々と調べると、どーもリアのトーが狂ってるんじゃないだろか?と。

先日、ディーラーでオイル交換したついでにリアをサイドスリップテスターにかけてみたら
え~と・・・確か9°とか何とか?
メカの兄ちゃんも
「明らかに基準超えてますね~。一応ここまでは無料ですけど、これ以上診るなら1万円くらい
掛かりますけど、どないしますか?」

さっそく「ビート アライメント」でググって、一番最初に出てくるサイトを参考に
リアのトーを調整しました。
先達に感謝です(^_^;

とは言ってもあんまり面倒なのはアレなんで、メッチャ手抜きで(いつもの事ですが(^_^;

P1000025_20110119212239.jpg
リアはこんな感じで。
100均で買ってきた磁石に皿ビスを付けて、糸を垂らしています。
糸の先端には大きめ(重め)のステンレス割りピンをぶら下げています。
一応、目視でホイールセンターにあわせて垂らしています。
んで床面にガムテを貼って、割りピンの位置にマーキングしておきます。

P1000026_20110119212238.jpg
フロントも同じく。
こちらは、サイドパネル固定ボルトのセンターとあわせて垂らしています。
もちろんボルトの糸の位置は、4本とも根元から15ミリと全て同じに合わせています。

ボディ基準で測るのが果たして正解なのかは、甚だ疑問ではあるんですが
まぁ素人のやる事なんで、大目に見ましょう(^_^;

P1000024_20110119212240.jpg
全体で見るとこんな感じ。
フロントの左右幅とリアの左右幅、ほぼ同じでした。

んで早速ホイールのリム基準で測ると、右リアが8ミリほどトーイン
左リアは1ミリトーインでした。
左はまぁ無視できる・・・と思い込んで(^_^;
右のトー調整をします。

調整方法は・・・17ミリのメガネと24ミリのスパナを使って。
って具体的な方法は↑のググった先を参考に(^_^;

んじゃまずは試運転を・・・・
って真っ直ぐ走ります(^_^;
センターもばっちり出ています。テキトーに作業したのに素晴らしい?

トータル3時間(風が強かったんで待ち時間が掛かった
費用は、24ミリのスパナ代980円だけでした。

なかなか面白い作業でしたが・・・
まぁ一度ディーラーでちゃんと診てもらってみますかね???
スポンサーサイト
え~本日、病院から請求書が届きました。
大よそ2週間の検査入院で、トータル17万円也。
もちろんコレは「健康保険限度額適用認定証」ちゅう魔法のカードを切っての金額です(泣

入院前の検査費用から考えると・・・
25万くらいは要ったか????

まさに貧乏人は病気になれまへんがな(^_^;
あんまり出歩くのはご法度なんですが(汁

天気がイイんで少しだけバイクでお散歩です。
いつもの道の駅までひとっ走りしてきました。

路面温度は6度だったんですが、快晴だったんでソコソコ快適でした。
ただ、久しぶりにバイク引っ張り出したんで
クラッチワイヤーが固着気味で、握力がUP(大嘘

おまけにヘルメットのベンチレーションが全開だったんで
メッチャ寒かった・・・

帰り道はベンチ全閉で大人しく帰りました。
P1000026_20110113143534.jpg
グローブは15年くらい前に買った南海のナイロン製。
結構暖かいです。

さてさて、今度はいつ乗れるだろかね~???
昨日は退院のバタバタでアレだったんですが。
午前中にMRIと泌尿器科の診察、退院準備の片付けやら会計やら
午前中に全てこなしたんで、ある意味入院期間中で一番忙しかった(汁

んで今日は。
実は内分泌科E先生の指示で「一時退院中は出勤不可」のお達しが・・・
曰く「降圧剤のせいで立ちくらみや、目まい・吐き気・頭痛の可能性もある」
とかなんとかなんで、大人しく静養中です。

ま、激しく寒いんでほっつき歩くのもメンドクサイだけなんですけどね~
今日は正担当である内分泌科E先生が登場。

診察は明日の16時30分からのMRIで終了で、退院は明後日の昼、ってのが段取りだったんですが
何だか病室が「まけまけ一杯」(阿波弁で言う「いっぱいいっぱい」
なんで、明日の検査を12時からに変更して
明日の昼には退院して欲しい、とのことで。
・・・えらい急な話しですなしかし(汁

早速嫁に連絡し、明日に迎えに来るっちゅう流れなんですが。
いやまぁ早く帰れるのは嬉しいんですが、唯一心残りなのが・・・
明日の昼食が

徳大ラーメン(味噌)
肉シューマイ
たこの和風マリネ
雑穀ごはん
フルーツ
#ちなみにこのメニューは「選択食」と言いまして、基準食と比べて+70円

コレは食べてみたかったな~。
え~入院してから初めて泌尿器科のI先生がやって来ました。

一応、今は内分泌科のE先生が正担当で
縄張りが違う、ってのもあるらしいんですが
ようやく病名が褐色細胞腫で確定したんで、具体的な日程の確認にやってきました。

一時退院は1月12日、再入院は2月9日で手術は2月14日で本決まりです。
一時退院から再入院までの間は、仕事に行ってもOK、とのことです。

が、投薬の量を現状の2錠から退院期間中は3倍の6錠にする予定なんで
副作用(低血圧による立ちくらみ等々)が予想される、と。
診断書は出せるんで、仕事に行くか療養するかの判断はお任せします、とのことで。
コレはもうしばらく様子見してから判断しましょか?

ここからは雑談?
I先生曰く
「褐色細胞腫が手術前に判って良かったですよ~。
判らんまま手術していたら急激に血圧が上下して脳内出血を起こして、
shinさん今頃ICUで管が何本も刺さったまんまでしたよ。
それに正直、副腎腫瘍で悪性だと本当にキツいんですよ。
悪性だと、桜の咲くころは南無阿弥陀仏~となっていたでしょうねぇ」

え~とI先生。
褐色細胞腫でも1割は悪性なんですけど(汁
しかも組織を顕微鏡で見ても中々判断できないくらい難しい、とか。

ま、今は9割の良性に賭けるしかないんですけどね。
というわけで、内分泌科正担当のE先生(多分同い年くらい)とお話ししました。

こないだの腎シンチの結果、褐色細胞腫でほぼ間違いない
降圧剤の量を増やして様子見します
1月11日に再度MRI撮って、泌尿器科と手術の日程の最終の打ち合わせをし、
12日に一旦退院してもらいます、とのことでした。

なんでも、厚生労働省のお達しで
検査入院→手術となると病院側が大赤字になるんで
最低でも3日間は間を空けて、それから再入院になる、と。

ようやく手術に向けて具体的に動き出しましたね~。

早くしてくれんと、体重が増えまくりなんでヤヴァいっすよ。
既に61キロから64キロまで増えてるし(汁
入院して初めて教授の回診ちゅうのがありました。

が、その直前に担当のE先生が先回りして来て
「教授の回診です!お願いします」
とボソっと言ってきました。
・・・ナニをお願いするんだ!?

と、ぞろぞろと子分を引き連れて、見るからに「教授!」ってなオトーちゃん登場。
んでオトーちゃんの診察です。
「ハイshinさん横になって~。
ちょっと診させてもらいますよ。
あ~~全身に汗かいてますねぇ。コレはやっぱり腫瘍のせいかもしれませんねぇ」

「あー!コレはアレですわ。
そこの窓から直射日光が直撃で、メッチャ暑いから汗かいたと思いますよ」
思わず口走ってしまった(汁

・・・・周りの空気がかなり気まずかったのは気のせい

だよなぁ???
え~元旦は色々とアレだったんですけど(汁

とりあえずあけましたんでお目出度い今日この頃です(^_^;)
今年もよろしくお願いいたします。

早速ブログのプラグインをいじってみました。
ヤフオクのビート関連のパーツが見られるブログパーツを追加してみました。
もちろんキーワードを変えれば、色々と他の車種でも検索可能であります。

んなワケで、明日の夕方から再度の検査入院であります。
11日が最終の検査なんですが、じぇんじぇん血圧が下がらないんで
果たしてどうなるやら・・・。

最長で2ヶ月、一日8錠の投薬(今は1錠)の患者さんも居てたらしいですけどねぇ。