褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

タイトルどおりです(^_^;)
損保ジャパンの「i自賠」ちゅうバイク限定なヤツで、クレカ必須なんですが。

それで3年契約で加入して、こないだ証書とシールが届いたんですわ。
んで何気なしに証書を眺めてたら・・・

車台番号を一桁ミスって申請してました(;´Д`)
本来は「29L-******」ってな6桁なんですが、5桁で申請してた(汁

問い合わせフォームから連絡し、昨日電話が掛かってきました。
てっきりコールセンターのおねーさんかと思いきやお兄さんから(^_^;)

かくかくしかじか・・・と説明し訂正用の書類を送付します、と。

割とよくある事なのか、意外とスムーズに話しが進みました。

いや~便利な世の中ですが、意外な落とし穴がありましたですハイ。
スポンサーサイト
え~ビートの話しですが。
以前から、6000回転を超えるくらいエンジンをぶん廻すとチェックランプが「ペカー」と点灯してたんです。
んでまぁただ漠然と、O2センサーが逝かれたんかな~?と考えて交換したワケで。

純正部品を引くと16000円くらいするらしいですが、社外品(ボッシュ)だと8000円くらいで買える、と。
詳しくは
http://www.happoya.jp/?pid=7611098
コレです。ビート用ではないですが、無問題で取り付けokでした。

んじゃちゃっちゃと幌を外しメンテリッドを外し・・・エンジンを久しぶりに見た(^_^;)
先ずは、ヘッドにアースと共締めになっているコネクタを外します。
P1000005_20100310213019.jpg
M10のソケットを差し込んでいるのがソレです。

P1000006_20100310213019.jpg
これがO2センサーのコネクタです。
コイツのロックの爪を強く押し込んで引っ張るとOK。

P1000007_20100310213018.jpg
あとはジャッキアップしてウマをかまして・・・こんな感じです。
センサー交換だけならマフラーも触媒も外す必要は無いです。

んでセンサーを外すにはコレが必要。
2002000005922.jpg
アストロプロダクツで買ってきた専用のO2センサーソケットです。

腹下にもぐれば、触媒に刺さっているセンサーが判ると思います。カバーが邪魔していますが
手探りで簡単に見つけられます。

P1000003_20100310213020.jpg
新旧センサーの比較。左が純正、右がボッシュ製です。

純正の配線を途中からぶった切り、専用のコネクタで結線します。
P1000004_20100310213021.jpg
取説が英文(日本語文も、先に頼めば添付されるらしいです)でありますが、取説の写真を見れば
特に難しいことはないと思います。
被覆を剥きますが、プラグコードのジョイントに近いモノでありますね。
ちなみに配線の色は・・・
純正「黒」2本→ボッシュ「白」2本・・・ヒーター
純正「白」→ボッシュ「黒」・・・信号
純正「緑」→ボッシュ「灰」・・・アース

んで無事交換終了。おおよそ2時間くらいでした(メチャ寒かった

んで試走。
グイ~~~ンと回転数を上げて・・・
あっちゃああ~~~~~~やっぱチェックランプ点きますがな(;´Д`)
ダイアグを見ればイイんですが、見ても多分ワカラン(素人では手の出しようがない)だろしなぁ・・・

4月の車検のときに、自動車やに丸投げしよかねぇ???