褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

ちゅうワケで、さっき仕事から帰ってきたわけですが(^_^;)

今年もあと残り2時間なんですが、振り返ってみますと・・・
あんま大したことしてない一年でした(;´Д`)

ま~~それでは皆様良いお年を!
来年もよろしくお願いします~!
スポンサーサイト
14日に関西営業所から電話が。
「神戸の店の若い衆が二人ともインフルエンザでダウン、ついては徳島からオマエが応援に今すぐ来てくれ」
え~神戸のあの連中(若い衆二人)ってのは、自分よか10歳以上若いんですが遥かに仕事がデキる奴らで・・
果たして田舎のロートルのオッサンが出張って行って戦力になるのか?と思いながらいってきました。

本来精鋭2名でこなす仕事を一人でしてきたんですが。
初日 初めての休憩が夕方5時。当然昼飯抜き(^_^;)
二日目 昼飯が夕方4時。ちなみに昼飯はリアルゴールド1本。メシちゃうがな(;´Д`)
3日目 同じく4時。リアルゴールド1本。
4日目 3時に休憩。コンビニで買って来たカロリーメイト1箱(^_^;)
5日目 今度は早かった(^_^;) 2時におにぎり2個

えぇ、おかげさまで2キロ痩せて帰ってきました(^_^;)
こっちが倒れそうですねん(;´Д`)
いやホントにインフルエンザって怖いですね~。

しかし・・・感染してないかしらん???
いつになったらこのHIDネタは終わるのか(^_^;)

ロービーム点灯時にパッシング出来ない不具合の解消ですが。
ハイビーム点灯時に、ロービーム側の電流を切るようにするのが目的です。

用意するのは、我らがエーモンの5極リレーです。
5極リレーちゅうのは、入力信号が入ると、出力が遮断されるという
通常のリレーとは逆に作動するリレーです。
まずは画像どぞ。

P1000014_20091209204203.jpg
空いている助手席側の純正コネクタから、リレーへの信号を取り出します。

P1000012_20091209204204.jpg
平型端子のオスを直にコネクタへぶっ挿しリレーの入力側へ。

P1000013_20091209204204.jpg
んでリレーの出力側(入力ONで遮断される)は、HIDのコントロールユニットのロー配線へ。
この画像で見ると青いコードですねん。
コイツをぶった切って、5極リレー出力線へ接続します。

これで「ハイビームが点灯するとロービームが消灯する」仕組みが完成です。

純正コネクタが剥き出しでは危険が危ないんで、ビニテで保護しましょう。
P1000015_20091209204202.jpg
あいかわらず「やっつけ仕事」全開です(^_^;)

これで完成です。
まぁ簡単ですねん。

お次は「ライトOFF時に0.5秒ほどハイビーム点灯した後に消灯する不具合」の解消を目指します。
オチオチ信号待ちで消せませんがな(;´Д`)