褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

え~相変わらずグレア光が漏れ漏れな毎日ですが。

ダメモトでこんな加工してみました。
P1000005_20091017212229.jpg
もうイクとこまで逝こうと(^_^;)
先端部分は、こないだ塗って・・・・トータル4時間経過してるんですが
特に剥がれもなく、異常がないみたいなんで「エイヤっ!」と発光部分以外を塗りました。

んで早速いつもの駐車場で。
P1000014_20091017212355.jpg
んでコレが以前の。
P1000002.jpg
え~~~~・・・・
全然変化無しですが(;´Д`)

もう一枚
P1000012.jpg
んで↓コッチが以前の・・・
P1000003_20091011225228.jpg
なんか暗くなってるような???

こりゃ・・・・失敗っすか~~~(涙
スポンサーサイト
会社近くで借りている月極め駐車場で撮ってみました。

イイ具合に隣のビルに照射されています。

P1000002.jpg
ちょいとピンボケです(^_^;)

もう一枚
P1000003_20091011225228.jpg
コレは上手く撮れた(^_^;)

ハロゲン球のときの画像を撮り忘れたんで、比較のしようがないんですが
結構グレアが出てます・・・よねぇ???

色々と対策を考えているんですが、休みが木曜日なんでそれまではオアヅケです。
シェードをこしらえるんとイカンでしょねぇ~。
え~と今日は画像無しです。
昨日撮りまくってメモリが一杯です(大嘘

え~と問題点ですが。
やっぱグレアが一番問題ですわん。
光軸は出ていますが、10メートルくらい前から見るとメッチャ眩しいっす。

あと、パッシングが・・・
昼間だと無問題なんですが、夜間(ロービーム点灯時)はパッシング不可。
あのバーナーは、電源OFFの時(ロービーム入力が無いとき)は
ハイビームの位置で固定なんですわ(スプリングのテンションで

んでスイッチONで(ロービーム点灯)で「ビクンっ!」と首が振れて点灯、と。
んで夜間点灯時にパッシングすると・・・
ビートのパッシング(ちゅうか殆どのクルマ)ってハイ/ロー同時点灯なんですよね~。
ロービームに入力がある、ちゅう事は・・・ロー側に振れたまんま。動きません(;´Д`)

まぁB接点式のリレー(エーモンから出てます)、アレを使えばイケそうなんですけどねぇ。

あとは・・・まだあります(^_^;)
ライトOFFにすると、0.5秒ほど点灯したまんまなんですわ。
んで、上記の通りロービーム入力が切れる→バーナーはハイビーム位置へ戻る、と。

要はライトOFFにすると、0.5秒ほどハイビーム点灯状態の後に消灯・・・なんですわん。
これじゃ信号待ちでライト消せません(;´Д`)

まさに「さすが中華製!一筋縄じゃいかないぜ!」ってな感じですな(^_^;)
ようやくまとまった時間が取れたんで、ビートにHIDを組んでみました。

まずは現状ハロゲン球の配光を見ます。
ロービーム点灯で・・
P1000014_20091009230434.jpg
これが右

P1000015_20091009230454.jpg
これが左
一応ボッシュのハイワッテージ球(85w/75wだったか?)を入れています。

んで仮組して試験点灯・・・の前に
気休めにグレア対策をしてみます。
P1000022.jpg
トップ部分に耐熱塗料を塗り塗り。
ハロゲン球にもあるし、某メーカーの702k用HIDにもこんな風に加工されています。
が、耐久性は無いだろなぁ・・・。
ちなみにググってみますと、コレは確実にバーナーの寿命を縮めるらしい・・・です。
ま、自己責任ですねぇ。

んで試験点灯。
お~~~明るいぜコリャ!
ただし十分に空焼きして・・・盛大に煙が出ます。
しばし休憩して・・・
バッテリからの配線は、2sqのコードで純正サブウーファー裏の隙間から車内へ引き込み。
んでセンターコンソール内を通して運転席がわのドアヒンジからフロントへ・・・
当然20Aのヒューズをカマして、コルゲートチューブで保護しております。

んでこんな感じで装着しました。
P1000025.jpg
左側で。

P1000026.jpg
右側です。とりあえず脱脂して強力両面テープで固定。
・・・いつか外れそう(^_^;)

んでもっぺん試験点灯で・・・ありゃ?
右側が点かない(;´Д`)
バーナーを左右入れ替えても右が点かない。
こりゃバラストか?とバラストを入れ替えても右がアウト。
?コントロールユニットか~~~と焦りながら弄ってると・・・
アース不良でした(^_^;)

んじゃ改めて・・・
P1000024.jpg
フロント車軸より2メートルの距離から。ロービームです。
意外と?まともな光軸です。一切調整はしていません。

同じく1メートルの距離から
P1000023.jpg
グレアがきつそう・・・

前から見ると・・・
P1000027.jpg
6000kはちょいと白すぎかなぁ???

んで暗くなってから試走してきましたが。
光軸は無調整でOKですが、やっぱりグレアがきつい(;´Д`)
路肩の標識が派手に反射しております。

む~~~バーナーの発光部分以外を塗り塗りしてみようかしらん???
要再検討ですねん。
え~激しく矛盾したタイトルですが(^_^;)

休日は忙しいんですが、夜はヒマなんでタマタマを比較してみました。
まずはハロゲン球から・・・

P1000008.jpg
画像にあるとおり、座金?部分からの各フィラメント中心までの距離です。
Lo側で34.5ミリ、Hi側で36.9ミリですね。

んじゃHIDはどーよ?

P1000009.jpg
首振りをまっすぐにした状態(=Lo)で35.9ミリ、首振り状態(=Hi)で37.0ミリ・・・

え~~これはロービームが激しく眩しいんじゃないですかね???
ハイビームはまぁまぁ寸法だけは良さげなんですけど・・・。

こりゃ付けてみないとワカランですね~~。
しかし・・・普通のh4みたいに、シェードをつけた方がイイのかしらん???