褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

え~と早速届いたんですけど。

梱包を解いて・・・

P1000003.jpg
こんな感じですね。バラストはデジタル式ですが、最新の薄型よりも一世代前のタイプ?

早速バーナーを見てみますか?
P1000005.jpg
え~とヤフオクの画像では、覆いが付いていたように見えたんですけど・・・
600x450-2009042500003.jpg
ガラス管の写りこみだったか~~~~。

もいっちょ
P1000004.jpg
首振り式ですが、てっきり上下に振れるかと思いきや斜め方向に振れます。

んで取り説です。
P1000006.jpg
え~と・・・英語は苦手なんですけど(^_^;)
なんとかなる・・・でしょ??
スポンサーサイト
え~気がつけば702k(h4hとかh4zとか言いますが)アレ用のHIDキットってーのも
随分と価格破壊が進んでいるんですね~(汁

いろいろグーグル先生に聞いてみると、ご他聞にもれずグレアがきっついらしいんですが。
まぁ「いっちょやったろか~!」ってなワケでヤフオクで落札してみました。

KLARHEIT製702k用HIDキット、いわゆる「首振り式」なんですが。

ほかにも色々な業者が出品されているんですが、ココはストア出品されておりまして。
他の品物と唯一バーナーの形状が違う、ってのも興味があったし(バーナーの上半分にカバーが付いている?)なおかつ自サイトのbbsでコミュニケーションを図っている、ってのが好感が持てたんですが・・
まぁ1年保証、ってーのに1年後には㌧ズラ・・・って事にならなきゃイイんですけどね(^_^;)

とりあえず遮光用に耐熱ペイントでも買って来てこようかしらん??
え~と。ビートのホーンを再び交換です。
以前交換したのが・・・この時でした。
えぇと、2008年5月だから1年ちょい前ですか?
最近、片方のホーンしか鳴らないんでチェックしてみたら
端子が思いっきりサビサビです(;´Д`)
さすが中華クォリティ!

ってなワケで交換。
P1000014_20090903150525.jpg
コレです。コンプレッサ一体型エアホーン。
ボッシュのエアーマジェスティックのパチモン臭さが溢れています(^_^;)
ヤフオクで999円でした。
ちなみにメイドインイタリー。中華と比べて・・・ビミョ~です(^_^;)

以前付けていたFIAMMのエアホーン、アレはコンプレッサとホーンがセパレート式で
ホーンボタン押してから、実際に鳴るまでタイムラグがあったんですが
たとえば「ファファっ!」と2回鳴らそうとすると、実際には3回ボタンを連打しないとアカン感じで。
1回目のボタン押しは空鳴りちゅうか、コンプレッサが廻り出す感じでした。

こいつは一体型なんで、期待大ですよ。
んで取り付け。
P1000015.jpg
有り合わせのL字ステーを組んでボンネット内にセット。
バンパー内に付けたほうがイイんですが、エアホーンの弱点であるコンプレッサの油切れ
アレに対応すべくココに鎮座です(^_^;)
簡単に外して注油出来ます。

肝心の電源は、得意のエーモン電源取り出しヒューズ(20A)をパワーウインドヒューズと差し替え。
10Aのヒューズをカマして引いています。

んじゃ早速鳴らしてみます。

お~~~っ!メッチャレスポンスがイイ!
コレで十分イケます!!

しかし・・・いつまで持つでしょね??
中華ホーンよりかは長持ちして欲しいっすね~
いやPCのウイルスじゃなしに、インフルエンザウイルスなんですけど。

息子の通う幼稚園でも、新型インフルエンザに感染した園児が3名ほど居てるんですわ。
んで、昨晩から息子も微熱(37度5分)が出て、コリャやばいってんで
こんなん嫁が買ってきました。

ウイルシールドちゅう、なんだか芳香剤タイプの空間除菌ゲルであります。
二酸化塩素分子のチカラで、浮遊するウイルス・細菌・カビを除去するってなブツです。

製造元が大幸薬品、正露丸のメーカーですな。
これが小○製薬とかだったら、まぁマユツバモノなんですが
これなら効きそうです(^_^;)

ただ、注意事項に
「7.本品は金属に対して腐食させる可能性があるためその側でのご使用をお控えください。
8.多少の漂白作用があるため、色物の繊維等の側でのご使用および放置はお控えください」
とあります。

結構ヤヴァいクスリなんかも???

あ、息子は単なる寝冷えでした(^_^;)