褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

えぇと。
こんなん落札してしまいまいした。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m44382864
随分とお手頃な落札価格ですけど(^_^;)
ナニかちゅうと、RZ-Rの最終型(3HM)のスイングアーム。前後17インチホイールのヤツ。
ヤマハのサイトで部番調べると、自分のRZ-R(1XG)とはリンク周りは共通で、スイングアーム・ブレーキキャリパが違う程度。
キャリパも取り付けボルト間隔が83ミリピッチと共通なんで、恐らくイケる・・・ハズ。

んでコレゲットしてどーすんの?と言えば。
実はこのスイングアーム。
初代TZR250(1KT)の17インチホイールがポン付けOK。さらに言えばR1-Zやらジール(加勢大周がイメージキャラでしたな)の幅広リムのホイールまでもOK牧場。素晴らしい使いまわしビバヤマハ(^_^;)

ついでに入札してたコレ
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b80420486
素晴らしい落札価格です(^_^;)よく見ると、一枚目の画像のフロントホイールのエアバルブ付近のリムが曲がってますが(汁
見ての通り初代FZR250の前後ホイール。同じくヤマハのサイトで調べると、コレ初代TZR250と共通。
もっぺん言いますがビバヤマ(以下略

あと使えそうなフロントフォーク・ステムをゲットできれば・・・。
ちなみにチャンバーを譲ってくれたトラックの運ちゃんに訊いたら
「1KTのフロントが流用できるけど、ステムが何ミリか長いから加工が必要だよ」との事。

む~~~もう少し情報収集してみますわん。
スポンサーサイト
とりあえずまぁソコソコ走るようになったRZ-Rなんですけど。
改めて見るとホイールが結構汚れてます。
ブレーキダストやらチェーンオイル代わりのハンマーオイルやら色々と飛び散ってます。
んなワケで今日はホイールの掃除を。
用意したのはダイソーでゲットした電動歯ブラシとウチに転がってた洗剤。アストニッシュ、ですか。研磨剤入りで弱アルカリ性、手肌に優しく安全・無公害・・・らしいです。
ただ何時買ったかさっぱり覚えが無い(^_^;)
カチカチに硬化してアレなんで、水を加えておきます。

20071016168.jpg
ちなみにこの電動歯ブラシ。全然使えません(^_^;)
普段使っている電動歯ブラシは、モーター駆動でギヤを介してヘッドのブラシが回転・往復運動するタイプなんですが、コイツはグリップ内のモーターが振動、一体型のヘッドが一緒に震える・・・モノなんですわ。

しゃあないんでシコシコと半分以上手磨き。

20071016166.jpg
下半分より右が磨き済み、左が未だな状態です。見た目キレイになってますが、スポークの付け根辺りがどーやっても落ちません。ブラウンの超音波歯ブラシなら落ちる、か?

20071016170.jpg
なんかこの構図ばっかりですけど(汁
リムを重点的に磨くと「締まって」見えますよね。
ちなみにアストニッシュ。泡がタイヤに付くと茶色く変色しますです。結構タイヤへの攻撃性が高いのカモ?です。小まめに水で洗い流すのが吉、でしょねぇ。
えぇと。ロクにセッティングも出てないのに余計なことしてる気がするんですけど(^_^;)

色々とネット上で騒がれてます「多孔プレート」、コイツを付けてみました。
20071004158.jpg
材料っす。ダイソーで買ったアルミパンチングプレート、こないだ取り寄せたTZR125用燃料コック、それにホムセンで買った燃料ホース。
ちなみにこのホース。耐ガソリン性はイマイチで、年明け早々に装着して現在はやや硬化気味。定期的な交換が必要かと。

んで早速製作。リードブロックに挟み込んで固定しよか?と考えてたら、インシュレータ(キャブレタジョイント)がブロック内に食い込む形状なんで却下。
インシュレータに切れ込み入れて、耐ガソリン性液体ガスケットで固定。

20071004159.jpg
こんな感じ。ただ液ガスが剥離してクランクケース内に入ったら・・・という不安もありますけど。
んで日当たりのイイ場所へ放置。乾燥させます。

続きましてエアクリーナエレメントを。
濃い症状が出るのは、もしかしたらエレメントにオイル付け過ぎか?と考え、エレメントを新聞紙に挟み電話帳を乗せます。余分なオイルを取り除く・・・んですけど。どーなんでしょ?

お次は燃料コックの交換。
つける前にバラしてパッキンを見ると、こないだ買って合わなかったXJR400用パッキンが流用可能。ちゅうかまんま同じ。
この先パッキンが痛んで漏れ出しても、パッキン交換でイケますな。(TZR125用パーツリスト見てもコックアッセンブリしか出てないんスよ)


20071004161.jpg
なんか最近は休みのたびにバラしてますな(汁

んでキャブのニードルを弄ります。ってクリップを3段目、真ん中にしたんですけど。
ついでにプラグを9番(冷え型、1XG純正指定)に。まぁ気休めですけど。

んで組み上げエンジンスタート。
一発で始動。素晴らしい(^_^;)
アイドリングを若干上げ、エアスクリューを弄る。一旦締めこんでから徐々に戻していくんですが、エアスクリューが外れるくらい戻しても、まだアイドリングが上がる(現状で濃い???)
仕方ないんで適当な位置に合わしたんですが、チョークを引くとエンスト寸前。まぁ以前はエンストしてたんで、若干マシになってるんですけど。

んで軽く試走。
うわっちゃあコレはイイっすよ。ビンビンですわ。今までで一番吹け上がりが鋭い。
高いギヤでもストレス無く10000回転まで廻りますです。
多孔プレート付けると高回転でグズる、という話しなんですが自分はあんまり感じませんでした。まぁ元からイマイチだったんで分りにくかった・・・のかも???

ちなみにプラグを見ると・・・。
なぁんか白っぽいような気が?
微調整は・・・エレメントにオイル付けようかなぁ???