褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

あ~今日もヒマやなぁ~と売り場で居てたんですが。
ふと見たら事務所のAさんが居た。
「そーいやあのコもココ長いよなぁ。最初に会ったんはあのコが高校出てすぐの頃だから15年くらい前かぁ?あの頃は初々しくて可愛かったよな~~・・・それにしてもチチがデカい(^_^;)」
とかなんとか考えてたら、Aさんがやって来た。
「ハイこれ。今度のセールの校正。チェックしたら押印して他の店に廻しといて」
いきなりだったんで思わず
「オォ!?あ~~了解了解。そうや!今度チチ触らしてよ~」
そーすっとAさんが
「ハハハっ!ナニ言うてんの!?鼻水出たわぁっ」

いやいやいや。自分、正直モノですから。

・・・ただ単に思った事をクチにするだけ、なのかねぇ?(^_^;)
スポンサーサイト
実は今日まで3連休だったんですけど(^_^;)
ビートに関して気になる事がヒトツ・・・
DSCF0138s.jpg

ボンネットの画像ですが、ミョ~に塗装が凸っているのが判ります???プレスラインに沿って。

実は去年エアコンがブッ壊れて修理に出したんですわ。
んでその時に工場からTELが・・・
「ゴメ~ン。クルマ移動させようとしたらクラッチから足が滑ってさぁ、前に停めていたトラックに突っ込んじゃって・・・ボンネット凹んだから修理させてーな。勿論コレはタダで直しておくから」

以前からボンネットの塗装は逝かれてて、涸れた田んぼのようにヒビ割れてたんですわ。んでエアコン修理の際に
「オッチャ~ン、ボンネット再塗装なんぼ要るん?」
「ん~~~・・・3万くらいやなぁ」
ってな話しをしてた事もあって、”コリャあラッキーデナイノ!!”って思ってたんですが・・・
あれから一年。なんかぁ ゃι ぃ感じになってきましたな。
撫でて見るとかなり盛り上がってきちょります。

さすがに自分で手直しは・・・したくないなぁ(^_^;)
先日は「純正管がイイ」って言うてたんスけど、実は出物のモリワキ管がありまして現在入札中。
まぁ多分高騰して逃すんでしょけど、Φ50.8ちゅうのは魅力的ですわん。

とまぁ話しは変わりまして。
ヤフオクにて補助灯を落札したんですわ。いわゆる「フォグランプ」ですか。
piaa696s.jpg
出品されていた画像ですが、PIAA製でΦ150らしいんで恐らく#696あたりかと思われます。H3バルブ使用で、今のPIAAからは考えられないくらいマトモなブツです(^_^;)
実はEF-8時代にコイツの型番違いの#695、ドライビングランプを使用してたんですが、H3の85W(だったかな?)バルブをブっ込んでブイブイいわしてたんですハイ。
当然街中での使用はご法度で(一般公道での使用は不可、の注意書き)ハイビーム連動で田舎の田んぼ道で重宝しましたです。車内に配線を引き込むよか、ハイビーム連動の方が簡単だしね(^_^;)

妄想するにコイツにH3のHIDブチ込んだら、相当明るいだろうなぁ・・・。っとその前にいつぞや買ったまんまのポジション球セットを仕込んで、ヴィヴィオ風に点灯させてみるのもアリかも???

しかし当時17000円近くしたモノが、中古とはいえ1500円ですか?
イイ時代になりましたなぁ・・・ちなみに当時って10年ほど前の話しですけど。
結局、自作マフラーは一旦休止して元のヤフオク管を装着したわけですが。
こないだ作ったダイソー製フランジサイレンサーを試しにセットしたら、これが意外とイケる(^_^;)
付属のジョウゴ型インナーを細工してたのと相まって、殆どシュバシュバ音が消えた。コリャいいっす。ちょっと感動ヽ(´ー`)ノ
ちなみに細工したジョウゴ型インナーの画像でも(サイトにゃうpしてたんですが、ココしか見てない方も居るかも知れないんで。)
DSCF0063s.jpg

DSCF0064s.jpg
アルミ板をホールソーで切り抜いて3段重ねでセット。さらにステンタワシを巻きつけ。さらにさらに2枚目の画像、判りにくいですが根元の部分(黄色で囲った部分)にナサート管から外したグラスウールを巻きつけました。

当然ながらレスポンス(アクセルoff時の回転オチ)は多少鈍くなっちょりますが、まぁ許容範囲かと。
このインナーで一年近く乗っていますが、全く無問題。
ま~ほぼ100パーセント通勤使用なんでアレですが、それでも1日に5回はレブリミット8500rpmまでブン廻して異常なし・・・上出来っしょ!?(こーいうのを自画自賛と言います(^_^;)

それにしても・・・
今度はYZF-R1あたりの純正サイレンサーでも狙おうかねぇ。
静かだろうし(・∀・)ニヤニヤ
初っ端から申し上げますってぇと。
もー諦めましたですよハイ。お手上げ┐(´ー`)┌

さすがにテールをぶった切るのには抵抗があったんで、溶接機を使って細いパイプを溶かしながら切断したんですわ。
んでホールソーでガリガリガリ・・・
実はΦ45だったかな?それ位のホールソーならギリギリガールズ(何処行ったんだろ?)入ったんで、無理やりやったんですが。

全く歯が立たない(;´Д`)4個用意したダイソー製ホールソーが瞬く間に鉄くずになってもーた。
今さら泣いても後へは引けないんで、ステンジョウゴを適当にカットしてテールへ点付け溶接。仕上がり具合に更に泣く・・・さらにエンジン掛けてひとっ走りして、音質に変化が無い事に気づき更に。・゚・(ノД`)・゚・。
DSCF0131s.jpg
とりあえず黒耐熱スプレー塗ってゴマカしとく。塗装が剥がれる頃にゃ排ガスで目立たなくなるだろなぁ。

グダグダ垂れ流してきた自作マフラーネタもこれにて終了。
もうさすがに無理っぽいっすよ。
今度やるときゃもっとマシなサイレンサーを用意しときますわ。
それにしてもまぁ色々勉強になりましたですハイ(^_^;)
いやタイトル通りですけど(汁
こないだ付けたジョウゴ改フランジサイレンサーに、ステンパイプで作った自作エキストラサイレンサーモドキをドッキングさせてみたんですわ。
以下画像参照
DSCF0128s.jpg
ステンパイプに切れ目入れて、ガンガンどついて凹ませてみた。デイトナのエキストラサイレンサーっぽくなったような・・・なってないような(^_^;)ついでにサンダーで何箇所かナナメに切れ目をいれた。
DSCF0129s.jpg

DSCF0130s.jpg

エキパイ入り口側から覗いてみるってぇと。
薄板を溶接したんで融けまくりですが、一応ガッツリと付いてます。

んで結果。
あんま変わらん(;´Д`)
いや実はもう判っているんですが、シュバシュバ音を消すにゃ出口穴の拡大、コレしかないんですわ。多分。
んでも今のままだとホールソーは形状的にまず無理っぽい。ナナメに垂れたテール部分を、一旦切断しないと・・・。

これは難儀ですぜダンナ(^_^;)
ちゅうワケで、バッフルに穴ポコ明けたんですけど。
DSCF0127s.jpg
画像が暗くて申し訳ないっすけど、パイプ周囲に穴が開いてるのが見える・・・ハズ。

んがしかし。どーも2重構造ちゅうか、この奥にも隔壁がある・・・。ステンレスのテール部分の焼け色が付くのを防ぐためか???
しゃあないんで更に奥の隔壁も貫通させて、っと。とりあえずΦ6で2箇所。

んじゃエンジンスタートォ!
ブオブオブオ・・・・なんかヘンテコな音になってしもうた(;´Д`)音量は上がって、さらにミョ~な高い音が混じって・・・ダメだこりゃ。

泣きながら貫通穴の1段目を溶接で埋めて(仕上がりを見て更に泣く)一段目の板、パイプ周囲に4箇所ほどΦ6で穴あけしてみた。

その結果・・・あんまり変わらん(^_^;)

こーなったらやっぱり、パイプを根元から切断してゴニョゴニョ(秘策アリ。得意のヘッポコアイディアですけど)しちゃろかねぇ???幸いにも来週は月火と連休だったし。
ようやく休みが取れたんで、前々から暖めてきた脳内妄想ネタを試してみた。
DSCF0120s.jpg
これが問題のバッフル部分でやんす。このパイプを何とか外しちゃろか?と思ったんですわ。
パルビート殿に教えてもらったヒントを元に、溶接部分をドリルで揉んでハンマーで軽く叩いてみた。
んがしかし。ビクともしねぇでやんの(;´Д`)
悩んでもドツボにハマるのは目に見えてるワケで(^_^;)とっとと路線変更。
今度はステンジョウゴを用意。何故かウチに転がってた(^_^;)
コイツをフランジサイレンサー代わりに使おう、と。
DSCF0121s.jpg
この画像だとサッパリ判りませんが(^_^;)ダイソー製のジョウゴです。コイツを切った貼ったして(実際は切っただけですけど)
DSCF0122s.jpg
こーいうカタチにしてみた。
上側の細くなった部分は、バッフルのパイプ径に合わせてカット、下側の広がった部分は、純正フランジの球形部分よかは小径(排気漏れの恐れがあるんで)、尚且つフランジ内部のガスケットよりかは大径(ガスケットに当たるとガスケットが痛むかも?)
現物合わせで、チマチマとサンダーで削りやした。ちなみに「現物合わせ」、大好きな言葉ですハイ(^_^;)
ついでにステンのステーを折り曲げて、ステンタワシを少量巻きつけたモノを。
DSCF0124s.jpg
コイツをマフラーのフランジ側からパイプ内部へ差込んだ。
ステンタワシはもう少し少量でも良かったカモ?排圧でかなり片寄ってしまうんで・・・まぁイイか?
ちなみにコイツを取り外す時はラジオペンチで引っ掴んで取り出しますです。どーせフランジ部から15センチほどでパイプが曲がってて、それ以上は奥へは行かないんで。

それでは早速試乗です。
エンジンが暖まってくると・・・やっぱ相変わらずシュバァってな音がします。んが、以前よかかなり改善されて、なんとか許せるかな?・・・ちゅうレベルですな。
ただし当然のごとくレスポンスは落ちてますが(;´Д`)
この辺はいとしこいし、じゃなしに痛し痒し、ですか・・・?

ちゅうワケで、とりあえず自作マフラー編は今回で終了、かな?
バッフルの廻りに穴明けして、もう少しヌケを良くしちゃろか?と考えていますけど・・・。
仕事中に高校時代のツレが来た。
卒業して15年以上になるのに、未だに付き合いのある正に「腐れ縁」なワケで。久しぶりに見るヤツは何故か丸坊主(^_^;)

開口一番「ブログ見てるでぇ~タイヘンやなぁ」
・・・こりゃアレやな、迂闊な事書かれへんな(w

ちなみにこのツレ。とある模型の展示会に出品したんですわ。
WWⅡ時代のレシプロ戦闘機やら軍艦やら力作が勢ぞろいの展示会に、ツレが出品したのがいわゆる「デコトラ」(^_^;)トラック野郎菅原文太の世界・・・コイツを持ち込むとは結構シャレの判るナイスガイである。

ところで・・・M(ツレ)よーー!
いつぞや買ったKR250Sはそろそろ動くようになったんかぁ~~!?
いっぺん乗せてくれぃ~!
あっという間ちゅうか、ようやく、ちゅうか黄金週間も終わりに近づいてますな。ヒトサマが休んでる間に仕事して、皆が仕事しだすと休みっちゅう因果な商売ゆえ(^_^;)火曜日が休みなんですわ。

さっそく整音の妄想などなど。
とりあえずジョウゴはゲットした。嫁サンに頼んで。ただしステン製じゃあなしにアルミ製(チト心配)ついでにステンタワシも。

あとはパイプをこじるパイプ(なんかミョ~な表現やな)、電気ドリルやらポンチ(逆から読むは禁止)は手持ちでOKOK。
後欲しいのは、ヨシムラかどっかの耐熱ステッカー(^_^;)オーヴァーレーシングのステッカーなんてヤフオクでも㌧とお目にかかれないしねぇ。
以前ナサート管にヨシムラステッカー貼ってた時は、後ろについた原チャリ小僧達が「オイオイ見てみぃ!前の車ヨシムラ管入れてるぞ!ハラショー!!」(想像)とかなんとか言ってたんで・・・

それにしても・・・
有給と5月・6月の休みを併せると、5月中旬から出勤しなくてもイイらしい(^_^;)
次長曰く「店長とオメェが休んでも心配すんな。○○(社長)でもソッチ行かすから」

そーいうワケにもいかんでしょ!?一応、あぼーん話はまだ極秘事項だしねぇ。(そういうワケで求職活動もままならず・・・一応、希望する仕事はあるんだけんど。先月まで募集かけてたし、まだ雇ったちゅう話しも聞かないけども・・・内容はヒミツ(^_^;

あーちなみに信条は「案ずるより生むは易し」、ですハイ(w
なんとかシュバシュバ音を消そうと妄想中ですハイ。
こないだPalbeat殿に教えてもらった方法でパイプを引っこ抜き、少しだけ短くカットしてダイソーあたりで売っているステンレス製のジョウゴを溶接したら、どんな音がするんだろな~とか、ダイソーのΦ51のホールソーが使えたら楽に排気口の拡大が出来るのにな~、などなど。まぁ木工用のホールソー(炭素鋼)なんで5~6個用意すりゃイケるかも???
ってあの排気パイプの角度(サイレンサーよか垂れている)だと、入るかどうかビミョ~なんですけど・・・

ちゅうかですね、今日本社の次長がやって来て。
どーもウチの会社、6月末で「あぼーん」らしいですわ。
親会社の役員会が5月中旬にあって、それで本決まりらしい、と。

いや~入社以来ずっと「ヤヴァイヤヴァイ」と言われ続けてたんで(^_^;)ナニを今更、ちゅうのが正直な感想ですわ。
嫁さんに言うと「んでどーすんの?失業保険はすぐに貰えるだろうけど。退職金は?いつやら会社が勝手に赤字の補填に退職金を突っ込んだ、って言ってたやろ?」(我ながらなんと素晴らしい会社やろかヽ(´ー`)ノ

一応退職金らしきモノは出るらしいが・・・。
それにしても、なんかまだ実感が湧かないなぁ。職安行くのも久しぶりだし(;´Д`)