褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

シュバシュバと下品な音を立てて通勤してるんですが。
どないかしてバッフルを外さないと、と色々妄想してるんですが中々上手いテが見つからない・・・。
20050325183310s.jpg
この細いパイプがアレで(^_^;)溶接(恐らく「点付け」)なんで、ハンマーでひっぱたくのもテなんですが。抜けなくなりそう(^_^;)
今考えてるのは、排気口ちゅうか、カールエンド形状のカバーの下側にサンダーで2センチほど切れ目を入れて、そこから金ノコを差込んでパイプを切断しちゃろか?と。

ただまぁパイプをカットしただけではシュバシュバ音は消せないハズなんで、結局は排気口面積を広げないことにゃ始まらないんですわな。んで理想を言えばファンネル形状ちゅか、メガホン形状のバッフルを作ったらイイんですが・・・残念ながらそんなウデは持ち合わせて無い(^_^;)

とりあえず穴の面積を広げる方法をば。
1 電気ドリルに付けるフレキシブルコード?に超硬のバー付けてチマチマチマチマと削る。なんかポー研みたいやなぁ。
2 アーク溶接で穴あけ。溶接棒を立てて当てると穴が開いたんで、それの応用。なんかイチバンに試しそうな予感。んでドツボにハマる、っと。(;´Д`)


#サイレンサー入り口にバッフル付ける予定なんですが(再びパイプを切断・溶接・・・メンドイなぁ)、バッフルは正味な話しイチバン排気口に近い部分に付けるのが最も効果がある・・・と思うんですわ。
http://www.sfc2000.com/index.html
インナーサイレンサー専門メーカーSFCのサイト参照

んでもそうするとシュバシュバ音は消えないし・・・どーしたもんかいな???

とかなんとか言ってたら今日は誕生日だった!!!
・・・これで30代も折り返しだぜ!?信じられんわ。こないだまでハタチだったのにねぇ。
スポンサーサイト
そろそろ自作マフラーネタもシツコイかいな?(^_^;)
前回、仮組みしてイマイチだったレイアウトを変更しやした。
ま~とりあえず画像参照っと。
DSCF0116s.jpg

DSCF0118s.jpg
上段が以前の。下段が今日の画像ですハイ。サイレンサーの角度がかなり寝て、地面とのスキマが広がっております。
具体的な作業としては、長すぎた純正フランジ部分(適当にぶった切った排気パイプ)の長さを詰めて、さらに曲げ角の微調整。
コレがもうタイヘン(^_^;)ステンレステープ巻いて仮止め、一旦取り付けてバンパー組んで遠くから眺めて。んでやっぱりイマイチ気に入らんから外してサンダーでパイプ切ったり削ったりして再び取り付けて・・・。
延々と2時間近くやってました(;´Д`)
さらにそれから溶接。焦りまくりでボロボロ(汁

DSCF0119s.jpg
これが苦労の結晶ですわ。・゚・(ノд`)・゚・。
このラインを作るのに合計6箇所の溶接が。しかも全箇所から排気漏れ。・・・なんだかなぁ~

んで肝心の排気音はっちゅうと。
慣らしが済んだのか、段々と元気な音に。エンジン音よか勝ってきた。んがしかし、ほっそいバッフルから吐き出されるサウンドは。
「シュバァアアアッ・シュバァアアアッ」
ってヤフオク管のツルシのインナーサイレンサーの状態よかヒデェんじゃないんか???

・・・参った、なぁ~~~。(妄想ネタが増えてくれたんでアレですが(^_^;)

こないだで終了したハズの自作マフラーネタ。まだまだ続くのだ。
とりあえず月曜日が休みなんで(しがないサーヴィス。皆が休みの時に仕事して、皆が仕事の時に休む。家族サービスし難い・・・コレはある意味好都合だったり?)地面とのクリアランスがぁ ゃι ぃマフラーをゴニョゴニョっと。
あ~この「ぁ ゃι ぃ」ですが。「ぁ」「ゃ」「ぃ」はそれぞれ小文字ですが「ι」はギリシャ語の「イオタ」の小文字です。・・・どーでも良いネタですが。

それにしても。
パイプを角度付きで正確にカットするにゃ「高速切断機」が必要なワケで。いつものコメリ行くと、6980円で売ってます。月額5万の小遣いの自分にゃ少々お高い。
(ちなみに5万ちゅうても、会社近くで借りてる駐車場が12000円。ガス代が10000円。大体一日1000円が自由になる額ですわ。)
んがしかし。お馴染みヤフオクだと中古で3000円ですか。
ついでにステンのストレート管が・・・Φ50.8の1000mmt1.5で1740円・・・む~~~~。
自作マフラーパーツで有名なココファクトリーだと同様のパイプが3780円・・・ヤフオクマンセー!(^_^;)

・・・どーしよっかな~~こないだの溶接機と諸々のパーツで結構小遣い使ったしなぁ。
んでも一旦工具類揃えりゃあこの先どんな不人気車(あるいは無人気車)買ってもマフラーの心配しなくて良いもんなぁ。(横で嫁さんが「あんたアフォちゃうか!?」と真剣な顔で言ってますが)
ってそーいや月曜は給料日。ちゅうことは小遣いが貰えるんだった。
・・・いっちょやりますか!?
とりあえず現時点での作業は終了。資金面・体力面で一時休止っすよ。疲れた・・・。

んで前回仮組みまでいったんですが、どーもサイレンサーの角度が気に入らない。地面とのクリアランスも気になる・・・ってんで一部改良。一旦溶接した部分を切断して再溶接(これがドツボにハマるとは・・・)

DSCF0110s.jpg
少しだけカチ上げ風にしたかっただけなんスが、切断した部分がガタガタだったため悲惨な姿に。・・・あれだけ「切断面が大事だ!」ってぇ自分で言ってたのに世話ないわな・゚・(ノд`)・゚・。
無理やり気を取り直し(^_^;)作業続行。

DSCF0111s.jpg
一応の全体図ですはい。こんな感じで。

DSCF0112s.jpg
ステンレステープの見た目がイマイチだったんで、縦に2分割させたステン管を巻いてみたんですが。・・・あんま変わらんなぁ(汁


DSCF0116s.jpg

DSCF0109s.jpg


上段が今回の画像、下段が前回の・・・って撮影した角度が違うから全然比較できんがな(;´Д`)それにしても、地面とのクリアランスがちぃと心配な感じだ。

まぁこんな感じで今日はオシマイ。音量は・・・マジで純正並みですわ。アクセル煽っても排気音よかエンジン音の方が勝っている(^_^;)早朝の出勤が多いんで、これはこれで有難いんですけどねぇ・・・。
明後日が休みなんで、今回の自作マフラーネタで思った事など。
一般家庭で溶接が出来るなんて、最初は「ウソくせぇ」って思ってたんですが、やって見るとメチャ楽しい(^_^;)なんせネジやら接着剤やら使っても難しかった「高温部分をガッチリ固定してスキマ(排気漏れ)も無し!」・・・いっぺん溶接してみるとヤミツキ!?

あとキモとなる部分は、昨日も書きましたがパイプ端面をどれだけ平に切れるか?ですな。

DSCF0102s.jpg
昨日の画像の別角度からの画像です。左側の溶接部分の上半分はダンゴビードですが、下半分はまぁ許せるちゅうかマシなビードになっております。
これは、サンダーで手作業で切断した際に切断面に「段付き」が生じたためでありまして。下半分はピシっと合ってたんですが、上半分は1~2ミリのスキマが出来てたんですわ。そこのスキマを無理やり埋めようとしたんで、こんな悲惨な結果に(^_^;)

右側のヘボいビードは、テーパ状のパイプにストレートパイプを差込んでの溶接で。もっとパワーのある溶接機なら、もう少しマシに出来たと思うんですが、線香みたいな溶接棒では3ミリ幅くらいのビードがいっぱいいっぱいで(;´Д`)


それにしても。
溶接に夢中になってたら、市長選挙で各家庭を廻っている運動員が3人ばかし来たんですわ。
母屋のオヤジとオカンに挨拶した後、コッチへやって来て「○○候補をよろしく~!」って言うかと思ったら・・・後ろに立ったまま
「なぁ、このヒト(自分)にも声かけとく?」
「いや~・・・えぇやろ。次の家行こう」

・・・そりゃ確かに溶接しながら「うりゃっ!」「こらえ~わぁ」とブツブツ言ってたけどさぁ(汁
結果から言いますと「十分可能である!」
ただし、(ココからが重要ですけど)仕上がりを期待するには十分な練習が必要。・・・見た目を気にしないのであれば、全く問題ないですが。

以下追って説明などなど。
DSCF0100s.jpg
自作遮光面(^_^;)ウチに転がってたヘルメットと合体させた。元々の握り部分を服の胸元に差し込んでおくと、さらに安定性うp!


DSCF0101s.jpg
右側のダンゴ状態な部分は、テーパ状フランジにストレートパイプを差し込んで溶接したんですわ。んで左側の比較的マシな溶接部分は、45度の曲げパイプをさらに曲げるために溶接したんで。
具体的にゃ曲げたい角度の半分の角度でパイプを切断。んで片方のパイプを180度廻して溶接する、と。
んがしかし、この画像では一見キレイに溶接したように見えますけど、裏側はモリモリで(;´Д`)

DSCF0105s.jpg
イキナリ端折りますが、実際に組み付けるってぇとこんな感じ。ダンゴビードを隠すためにステンレステープ巻き&ホースバンド留め。ま、少しだけ排気漏れしてたんで液体ガスケット塗ってから巻いたんですが、このステンテープはかなりイイですな。アルミと違って強度ありますです。そこら辺のホムセンで1000円程度で売ってます(^_^;)


DSCF0109s.jpg
実際の装着状態ですが。見ないですが、サイレンサーステーは10-8のメガネレンチ流用です。一時期バイクで流行りましたねぇ。

オマケ。
DSCF0108s.jpg
下段に収まってる黄緑色のブツが格安溶接機(NAW-40、個人的に「ナウ40」と呼んでおります。ナウい40代の為の溶接機(^_^;)・・・まだ40代じゃあないですけど)ツールキャビネットはヤフオクで9000円くらいで買ったチャイナ製。これで十分ですわ。


溶接時に感じたコツなどなど。
軽くこすって火花を飛ばし、バチバチっと大きく飛ばしたら2~3ミリのスキマをキープ。んで速やかに溶接棒を傾けて右側へ運ぶ、と。右側へ運びながら、尚且つ溶接棒が短くなってくるのでそれも考慮して・・・って考えると非常に難儀なんですけど。
溶接棒を傾けた状態で、右側に移動せずに下方向へ手を運ぶのが簡単ですな。なんちゅうか、X方向とY方向に分けて考えると判りやすいカモ???


んで総論。
安物溶接機はマフラー製作に使えるか?
十分に可能。ただしキレイに仕上げるにゃそれなりに技術の習熟が必須。あとパイプの接合面はキッチリ平にしておくこと。サンダーで切り飛ばしたガタガタの合わせ面ではダンゴになりやすい。
見た目を気にせずに、強度のみを求めるのであれば多少の練習でOKでありますが。

って実は時間切れでまだ完成してないんですけど(^_^;)
仮組みしてエンジン掛けた状態では、純正並みな音量でアレなんですけど。まぁ見た目ハッタリが効いて音量は純正並み、というある意味「理想のマフラー」なんですが・・・
もう少し音量あってもイイかな?(^_^;)

大仰なタイトルですが(^_^;)格安溶接機を使用してのマフラー製作の、明日は本番なワケです。

と言いつつ、色々段取りを考えてたんですわ。
「お面」つうか遮光面ですか?アレなんとかして頭に固定出来るように、と。やっぱ両手が使えた方がイイんで。
お面のてっぺんにエーモンのステーを取り付けて、しかる後アタマにハチマキを巻く。んでステーをハチマキのオデコ部分に差し込んでグイっと引き下げると・・・なんか傍から見たら激しくぁ ゃι ぃですな(^_^;)

あとは地べたに置いて溶接するのはアレかな?と。平板ならイイんですけど、管モノの場合はやっぱり何がしかの作業台が欲しい所ですな。こりゃまぁビールケース代用で行こうかと。
んで台の上でパイプを転がしながら、溶接棒は上下方向のみに動かす感じで作業すると、ウネウネせずにビードが出せるような気もしますけど。机上の空論になんるんだろーなぁ。

あと用意するものは・・・焼け色を落とす「ヤケトール」か「ステンマジック」が必要になるんでしょなぁ。バフ掛けすんのもアリかも・・?

妄想はこれくらいにしてそろそろ寝ますわ。
明日の結果を乞うご期待!?
今日は豪華二本立てだ(^_^;)
夕方、洗車&買い物済ませて帰宅すると。・・・来てたがな溶接機!英語だとウエルダー!なんか戦隊モノの悪役みたいやな。

さっそく玄関先で試験溶接。玄関先にゃ照明と屋外コンセントがあるんで。こないだ切り出したΦ50.8ステンパイプをバチバチっと。
DSCF0094s.jpg
溶接棒(スターロードS。低電圧ステンレス用)2本使って練習してコレですわ。なんか2~3秒しかアークが飛ばない。

DSCF0097s.jpg
んで裏側から見た図。思ったよりも溶けてない。穴が開くかと思ってたんだけんど。

ちょこっと使った感想。
溶接(本番)前に軽くこすってアークを飛ばし(5~6回)先端を暖めておくと割とスムーズにイケる。
割とすぐに溶接棒が加工物と固着するんで、すぐにクリップから溶接棒を外すべし。2~3秒で溶接棒が真っ赤っかになり非常にやヴぁいっす。クリップの一部が溶けた(^_^;)
んで正直なトコロ。「思ったより使えるじゃねーかよ!」
ちょっとばかし慣れが必要で、全くの初心者には難しいかと思うけど、練習しだいでは十分実用レベルかと。見栄えはイマイチですが。

こりゃ今度の休みが楽しみだわいホホホホ(^_^;)
前々から気にはなってたけど放置していたリアスクリーンファスナーの修理を・・・
歯の一部がナナメってしまい、途中からパックリ開いていたんでなんとか直そうとしたんですが・・・もー全然ダメ(;´Д`)
さっさと諦めて代替案を考えた。ステンの針金を5cmほど切り出し(20本ほど)それで幌側とスクリーンを縫う、ちゅうかワッカ状にした針金で留めていった。
全然問題無し。ミョ~なシワもないし、しっかりしてる(^_^;)

ついでに洗車。カーシャンプーなんちゅうセレブ(?)なモノは使わず、もっぱらママレモン愛用(^_^;)15年近く使っているけど、何の不具合も無い。あ、一本のママレモンを15年使い続けているワケじゃないんで。一応、念のため(判るか?(^_^;)ワックスは専らカルナバ系を愛用。水拭きしなくてイイのが不精者に最適。

DSCF0088s.jpg
娘の風音(かざね)とビートのツーショット
デカイ補助灯は初代FZR400のヘッドライト(!)、ホイールは懐かしいボルクの5/4S、ですハイ。

DSCF0090s.jpg
ついでに嫁さんのフィットも洗車。二台続けて洗うとラク。洗車だけして、ビートのワックスふき取りに使ったウエスで拭き上げると、簡単に水きりとワックス掛け完了(^_^;)

しかしフィットクラスのクルマでも、ワックス掛けがシンドいと感じるのは・・・トシのせいか?(^_^;)
さっき、溶接機の代金の振込み予約を完了しました。いや~ネット上で振込みやらなんやら出来るなんてー便利な世の中になりやしたなヽ(´ー`)ノ
昔は通販いうたら現金書留が主流だったんですけど、生まれて初めて送った時ゃ普通の封筒に現ナマ入れて送ったもんです(^_^;)・・・すぐに郵便局から電話かかってきたけど(汁

んなワケで、色々と溶接について勉強してるんですわ。得意のグーグル使って。
参考になりそうなサイトは、っと。
http://www.jkdp.com/index.html
ココに100v溶接機の使用例が載っておりまして、溶接棒の運び方やらヒントになりそうな予感。
あとは・・・教えて下さい(^_^;)
実は必死こいて高校時代を思い出しております。
溶接の仕方ってどないしたんだっけ?
鍛造でタガネこしらえたり、砂型鋳造でV字のプーリ作ったり旋盤で引っ張り試験のテストピース作ったのは覚えてるんだけんど・・・。
あ~思い出した、ツレが溶接をナマで見て翌日に眼帯して来た事(^_^;)マジで目をヤケドするから気を付けんとなぁ。
あと冷えたモンと勘違いしてアツアツの部品を握り締めてヤケドしたヤツも居てたな。

良く考えたら、あんまタイトルと関係ない話しばっかだなコリャ(汁
とうとうヤフオクで。落札してもーたんだわな。
某P氏や某K氏も愛用中のアレ(^_^;)オモチャみたいな溶接機。

近所のコメリに行って価格調査してきたんスけど、あったのはスズキッドのレッドゴー120とか言うヤツ。100/200V兼用の可動鉄芯タイプ。12800円だったか???

可動式のヤツのほうが色々調整できてイイかと考えたんすけど、「安物溶接機ならどーせ最大値で使うから意味無い」ちゅう記事をどっかで読んだんで、ココはイッパツ人柱覚悟で(・∀・)ニヤニヤ

さてさて、はたしてどないな塩梅でしょかねぇ???
一応溶接の経験は多少はあるんですけど・・・。
多少、ちゅうのはどれくらいかと申せば。(ココからが本題だったりして)

高校(工業高校)の実習で、鉄パイプを使用してテニスの審判台を作ることになったんですわ。
先生曰く「コレはな、隣の徳商(共学の商業高校)に頼まれて作るんだからオマエら気合入れて作れよ」
もうね、ムサイ男の集団だった自分らはテニスギャル(死語)想像して「フンガーーー!」ってなもんで(^_^;)

パイプベンダ使って曲げ曲げしてアークでバリバリくっ付けてペンキ塗り塗り・・・。

もう17~18年前の話しですが、今でもあの台は使われれるんだろかねぇ・・・・?
パイプとパイプのスキマが1ミリくらいあったのを無理やり溶接したのは内緒だけど(^_^;)
今回は、いつもお世話になっている自動車屋の話しでも。
行きつけのショップ(と言うべきか)は、田舎の修理工場いわゆる「モータース」、二輪四輪問わずチャリンコから農機具まで何でもござれ、っちゅう店で、ウチのオヤジから二人のアニキに自分に嫁さんまで一家全員がお世話になっております。

その昔、バラスポCR-Xの時計(JECO製。知ってるヤツぁオッサン確定)がイカれたんですわ。なんもしてないのにストップウォッチみたいにドンドン時刻が進んでいくと(^_^;)
んで店に持ち込むと、メカのニィちゃんが
「ん~~~~・・・ちょっと待っとき」と行って奥へ引っ込んだ。
んで出てきたら。
腰に携帯型の蚊取り線香(丸型で腰からぶら下げるヤツ)、右手に草刈鎌(!)左手に工具持って裏山へ登って行った。
「へ~~最近は木に時計が生るんかいな??」とかなんとか思ってたら時計を片手に降りてきた。
「あ~~この裏手の山、全部ウチのもんなんよ。いっぱいクルマ置いてるから、そこからシビック見つけて外してきた」
・・・コレ法的にゃどうなんだろ?不法投棄・・・じゃないなぁ(^_^;)

ヤフオクで買ったブレーキパッド。自動後退で工賃表見ると8000円也。持ち込みだともっと取られるよな~、ってんで店に持ち込むと・・・
「ん~~~に・・2000円でやろか?」って一箇所2000円ですか?
「いや一台分で」
”自分で出来る事はなるべく自分でするが、出来ない事はプロに任せる”ちゅうのが信条なんで(^_^;)ココはいさぎよくお任せ。

なんやかんや言って無理ばっかり押し付けて。
んでも嫌な顔ヒトツせずに引き受けてくれる頼もしいお店ですわ。


んでも・・・。ここのシャチョー(70歳くらい)
ルノー5見て
「お~い!コレ国産かぁ?ナニ外車!んでも”5”って書いてあるのにオートマやなぁ」
・・・・いやマジでイイお店ですハイ(^_^;)
今日は嫁さんらを迎えに行った後、ちょっと時間が出来たんでマフラー製作に・・・。
まずは結果から言うと大失敗。曲げパイプの角度を読み違えた(汁
45度の曲げ角で行ったんですが、思いっきり飛び出る(^_^;)
そういや風呂釜パイプで作った時も、かなり手で曲げて取り付けた記憶が・・・
んなワケで今回は「勇気ある撤退」(w

んがしかし。まずはこの画像を。
DSCF0080s.jpg
あいかわらずピンボケで申し訳ないですが、純正管の外径とΦ50.8のステン管の内径がほぼ同じ!スポっとハマってます。
この状態でステン管に切れ目を何箇所か入れて、ホースバンドで締め上げると、かなりしっかりと繋げられると思われます。

んで次ぎの画像をば・・・
DSCF0085s.jpg
ステン管(同径)同士の接続方法ですが。30ミリほどの長さにカットしたステン管に切れ目入れて、グイっと広げて双方のパイプを差し込んでホースバンドで締め上げてます。画像は一個のバンドで締めてますが、両脇・2箇所で締めるとかなり強力に固定出来ると思われます。(ちなみにこの画像、一点留めの状態ですがかなり力を込めてヒネってもビクともしませんでした)

んな事で、今日の所は片付け・・・の前にこないだ作ったヤフオク管カーボン風味のネタでも。
ナサート管のカーボンシェルを被せるという贅沢な「リアルカーボンカバー」(^_^;)
DSCF0083s.jpg
シェルに切れ目入れて、ステーの位置をカットしてます。
DSCF0087s.jpg
さらにバイク用サイレンサーステーを付けて、ステンレステープを両端に貼り付けると、「らしく」なったような・・・。
ただまぁステンレステープの耐久性にゃ甚だ疑問が残りますが(^_^;)

ちゅうワケで、今日の所はオシマイ。今度は80度くらいの曲げパイプを用意しとかにゃいけませんですな。
いやね、明後日休みなんですけど。
実家に帰ってる嫁さんと子供らを迎えに行くんで、マフラーをいじる時間が取れないと予想してます。片道3時間、特急に乗って実家まで行って、嫁さんのクルマ(フィット)を運転して帰ってきます。

んなワケで今日も過去の未紹介ネタでお茶を濁します(^_^;)
DSCF0052s.jpg

こりゃアレですわ。サブウーファー(見りゃ判るか?
ヤフオクで買ったアゼストのなんちゃら言うヤツ。ちょっとデザインがDQNぽいですが、純正のへっぽこサブウーファーよかはるかにマシで。

説明書もなぁんも無かったんで、テキトーにゲインやらなんやらツマミをいじくって調整。まぁまぁの音になりました。
後で某オーディオ初心者スレで、サブウーファーは「聞こえるか聞こえないかギリギリのレベルにセッティングすべし」ちゅうコツを見かけたんですが、期せずして同じような仕様になってちょっと自慢(音感はイイ方・・・だと思う。小・中とブラバンでラッパ吹いてたんで(^_^;)

しかしコレで、ドアスピーカ2発・ツイータ2発・リアスピーカ2発にサブウーファー1発、と。合計7スピーカですか?

スピーカの数だけならそこらのDQNにゃ負けへんでぇ(^_^;)
いや待てよ。純正ダッシュスピーカも繋げると13発かぁ・・・。メンドクサイから繋げてないけど。

今日のBGM ローズマリー・バトラー「汚れた英雄のテーマ」
休みが取れないワケで、マフラーネタも小休止。
んなワケで過去のイジリ(HPに未だupしてないヤツ)の紹介。

元々、自分のビートにゃ前オーナーが付けたと思われるボッシュの小型カタツムリ(リレー無しでイケる)、アレが付いてたんですが。
「ヒトと同じじゃつまらない」を標榜する自分としては満足出来ないんで。(ビート乗ってる時点で十分ヒトと同じじゃないんですけど(^_^;)

んで、大昔のビートスレでフィアム製エアホーンを付けてるっちゅう人物が居てたのを思い出し、早速ヤフオク(貧乏人の味方)で探すと。
20050403000115s.jpg

コイツが。2940円、安いやないか(・∀・)

セット内容はコンプレッサ・ホース・ラッパにリレー。
その他必要な配線・端子・電源取り出しヒューズ等は別途用意して。あと必要なのは150*100くらいのL字ステー2本。

詳しい内容はいずれupしますけど、フロントバンパー外したら割りと簡単に取り付けできますです。電源は得意のヒューズBOXから取り出します(何本も取り出しているんで、タイヘンな事になってます(^_^;)

肝心の音色は・・・なんちゅうかサッカーの「チアホーン」ちゅうんですか?「フゥアーー」ちゅう感じで和音になってて結構大音量。
ただし、雨が降るとコンプレッサが不調になってブーっと唸るだけ(;´Д`)そういう時は慌てず騒がずCRC。
コイツを空気取り入れ口にブッ込んで鳴らしてると復活します。2~3ヶ月前にブッ込んでから今までトラブル無しですわん。
某ホーンスレでもボッシュのエアーマジェスティック(アレ小さくてレスポンス良さそう)の不調が出てましたが、注油すれば直るんじゃないだろかなぁ・・・?

とかなんとか書いてたら日付が変わっちゃった。


今日のBGM 大藤史「季節を抱きしめて」
・・・じゃあなしに。
休憩時間に昼寝しながら妄想してた。
んで閃いた!
20050401220517s.jpg

今さっきテキトーに書いてみたんですけど(^_^;)
ステンパイプ端面に切れ目入れて、サイレンサーのテーパ部分にネジ止め。
んで、サイレンサー端面のストレート部分とステンパイプを長めのボルトで止める、と。
ただし、ステンパイプとストレート部にゃスキマがあるんで
細めのステンパイプを5ミリの長さに切り出して
スペーサ代わりに挟む、と。
んで斜線を引いた部分にゃ液体ガスケットを保護するために
グラスウールを巻き付ける、っと。
そーやってから全体をステンレステープで巻いて
ホースバンドで締め上げたら・・・・

どーだろなぁ。
薄肉のステンパイプにどれくらいタップ立てられるかがキモでしょなぁ。
タップ立てる作業自体は、過去の経験から(元金型メーカー勤務。NA型ロードスターのメータフードやらZZ-R250のフルカウリング、はたまたカルタス・エスティーム(知ってるかねぇ???)のカップホルダまで手がけました。って殆どパシリでしたけど)
M3~M40ナンボのタップを立てた事はあるんですけどねぇ・・・