褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

てなワケで、S660のマフラーをロッソモデロCOLBASSO Ti-Rに交換し
およそ1ヶ月は経過したワケですが。

ざっくりと1ヶ月1500キロ走ってみまして、どんな感じかいな?とインプレ的なモノを
書き散らかしてみましょう(^^)

肝心の(?)排気音ですが。
新品時はほとんど純正と変わらない音量でありましたが、1ヶ月経過後では。

アイドリング時・・・・若干低音が強調されたかいな???という感じ。
音量自体は想像していたほど大きくはなく、大昔にアニキが910ブルーバードに付けてた
トラストのレース管(エンジン掛けると家の窓ガラスがビリビリと震えた(^^)
アレよかはマシです(当たり前

エンジンが冷えている時は音量が低いのは当たり前なんですが
ある程度走行してエンジンが温まってきても、そんなに大きくなることはなく
良くも悪くも「現代っ子」な、イマドキな躾けの行き届いたマフラーだと思います。

ちなみに2サイクルのチャンバー付きバイクだと逆に
エンジンが冷えている時はうるさく、温まってくると多少は静かになります。
・・・なんでだろ???

加速時は、純正よか多少元気なサウンドになります。
が、サイドガラス・リアガラスを下げているとよく聞こえますが
ガラス全締め状態だと、エアクリーナーBOX拡大加工してあるせいか
吸気音のガボガボ音のほうがよく聞こえます(^^)

アクセル一定、パーシャル時はマジで静かです(^^)
むしろハイプリップタイヤのロードノイズの方が耳に付きます。

各部の仕上げは。(ココからが本番(^^)
IMG_0386.jpg
プレスで打ち抜きされたフランジとパイプの溶接部分ですが。
コレTIG溶接じゃなしに半自動溶接、ですかね?
コレはコレで良い・・・のか判断が付きかねますが、
よく出来た溶接ビードって「連続した貝殻状」になる、とはるか昔の工業高校時代に教わった記憶が。
あとよく見ると、フランジに白い薬剤的なモノ(スパッタ防止剤?)が、拭き残されている・・・ようにも見えます。

IMG_0387_20180523233338594.jpg
メインサイレンサーとテールパイプのジョイント部分ですが。
黄色い○で囲った部分の溶接が・・・・
コレもうちょっとキレイに溶接出来なかったんですかね?(汁

以前ビートに付けていた、ヤフオクで格安で買ったN1タイプマフラー(確か¥17000)
アレのほうがキレイなビードが出ていた記憶があります。

IMG_0375_20180523233849dbb.jpg
コッチも。
ま~外れたりすることは無い、と思いますが(無いよね???

以上、外観はそれなりで納得しかねる部分もあるんですが
音量・音質、あと何故か燃費が22.5km/Lくらいから24km/Lくらいに
激向上したんで(マジで
トータル的には星4つ、くらいだと思います。
スポンサーサイト
てなワケで、こないだマフラーを換えたんですが。
1日遅れで耐熱バンテージが届きました(^^)

そんじゃ中間パイプに巻き巻きしましょう。

IMG_0381.jpg
先ずは水に浸し・・・

IMG_0382.jpg
適当に巻いていきます。
固定方法は、ビートの自作マフラー製作時に使った大きめホースバンドとステンレス針金。
まぁ外れるこたぁ無いでしょう?
ゴム手袋なんかしたほうが、後でチクチクしなくてイイと思います。

んでは徐ろに(これで”おもむろ”と読むんだって)ジャッキアップ&バンパー外しで。

IMG_0380.jpg
コレ上段が触媒側フランジボルト、下段がサイレンサー側ボルトです。
触媒側ボルトのサビっぷりが凄い(汁

IMG_0384_20180414100806201.jpg
黄色い丸で囲んだ部分が触媒側に固定されたナットですが、見ての通りサビサビで。
こりゃ固着もしますわね(;´Д`)
マフラーを換える/換えないに関わらず、早いうちに一度外してそれなりの処置をした方がイイかも知れませんね。

んで中間パイプを取り付けしていくんですが。

スプリング式のボルトがなかなか入らない(;´Д`)
片方をある程度ねじ込んで、反対側ボルトをねじ込・・・めない(^^)
スプリングの反力がアレで、おまけに無理な姿勢で力が入りにくいという・・・

しゃあないんで裏技(力技

IMG_0383_201804141008054c1.jpg
ジャッキで軽く押し上げながらボルトを廻すと・・・何とか固定できました(汁

あまり無理に押し上げると、多分良いこと無いと思うんで・・それなりに軽く、様子見しながら作業しましょう。

んでは各部のパーツ、仕上がりを見てみましょう。

IMG_0385.jpg
テールフィニッシャカラーはサンセットブルー、端面はステンレスカラー、です。

IMG_0387.jpg
サイレンサーとテールパイプを繋ぐフランジ部分。
万一緩んで外れても、ボルトは残るんで
固定ボルトを上、ナットは下に付けたほうが良いと思います。

IMG_0386.jpg
中間パイプとサイレンサーのフランジ部分。
ナットがフランジに溶接されていない&大きめワッシャをカマすんで、バンパーを付けたまま交換する場合は
ちょっと面倒くさいかも知れません。

てな感じで、強烈な花粉にズビズバーになりながら何とか終了。
おつかれっしたー!
ちゅうわけで、今月は誕生月ってなこじつけな理由でマフラーを替えました(^^)

IMG_0372.jpg
ロッソモデロ COLBASSO Ti-R であります。

いわゆる1本だしで、テールフィニッシャのカラーはサンセットブルー、テール内側(端面)の色はステンレス、であります。

早速純正マフラーを外しましょう。
IMG_0374.jpg
仕掛りからココまでおよそ15分。
ビートなら5分で出来ます(^^)

IMG_0375.jpg
このマフラーブッシュが外しにくい・・・
車体側のブッシュ穴にオイルスプレー(本当はシリコンスプレーがイイ)を吹いて
マイナスドライバを差し込んでグリグリをこじって外します。

IMG_0373.jpg
こんな感じですねん。

IMG_0374.jpg
外れました。
こないだフランジボルトにオイルスプレーを吹いていたんですが、かなり固着しておりまして
かなり力を入れて「ガッ!」と一息で外しました。
じんわり力を加えるよか、一気に廻す方が簡単に外せます。

あとは説明書通りに組み付けて・・・
やっぱりホンダの球面フランジ・ボルトは面倒くさいなぁ・・・

IMG_0376.jpg
本来は、マフラーを仮組みしてバンパーをセットしてから、位置の微調整をするんですが。
面倒くさいんで本組みしてバンパーを組んでみました(^^)

IMG_0377.jpg
まぁ・・・イケんじゃね???

IMG_0378.jpg
やっぱ専用品はフィッティングも完璧ですよねん(^^)

肝心の音量・音質ですが。
未だ慣らしも出来てないしエンジンも温まってないんで、あんま煩くないです。
慣らしが済んで、エンジンが温まると音量も大きくなり、正当な評価も出来るかな?と。
反対に2サイクルのエンジンにチャンバーだと、4サイクルと逆で
エンジンが冷えてると煩く、温まると静かになります(何でだろ???

しかしま~ぶっちゃけ、車検対応のスポーツマフラーってどれも
若干、上が伸びて
若干、下がスカスカになって
純正よか少しだけ元気な排気音で
殆どがブランド/見た目で選んでも間違いないよなぁ・・・と思ったりします(^^)
(実際はメーカーの涙ぐましい努力によって、音質だったり意匠性に工夫を凝らしたり・・・なんでしょうけど

んな感じで、仕掛りから後片付けまでおよそ1時間でした。
お疲れ様でした(^^)
ちゅうわけで、今日もゴソゴソと。

先ずはS660のリアをジャッキアップさせて・・・
用意したのはAZ CKM-001 超極圧・水置換スプレー

厳選された極圧剤と添加剤配合により、強力な極
圧潤滑性能が備わった究極の潤滑防錆浸透スプレー

 チェーンやワイヤー、ベアリングなどの金属部
品に起こる焼付きや金属摩擦を防ぎ、優れた潤滑効
果を発揮します。
 高荷重および水がかかる箇所にも使用でき、過
酷な状況下でも潤滑効果が持続します。
 極圧性能に加え、水置換剤の働きにより金属表
面のわずかな水分も浮き上がらせ、優れた防錆力で
金属面を守ります。


てなスプレーで、コイツを・・・
IMG_0363.jpg
マフラー部分のボルト部分に吹き付け。
高浸透性なんで、この状態で何日か使用して加温・冷却を繰り返しておれば
ボルト全体に十分に浸透し、イザという時に簡単にボルトが緩む・・・ハズです。

しばらくアイドリングで放置していたんですが、特に白煙が出るとか発火するとか(危ねー)
そういう状態にはなりませんでした。

お次は洗車。
IMG_0366.jpg
こないだ買ったFOAM MAX PROを使用。
コレ時間が少し経ってるんで、泡が大分流れてしまったんですが。
実際はもう少しアワアワが出て、車体表面の汚れを包み込んでくれます。
ボトル満タンで使用すると、S660なら2台分は使えそうな容量であります。

洗車後はワックス(コーティング)がけ。
IMG_0370.jpg
CCウォーターゴールド。
コレいわゆる湿式、濡れた状態の車体にも使用出来るタイプのコーティング剤なんですが
ツヤ・撥水性が結構なハイレベルで、オマケにガーニッシュやらの
無塗装/梨地仕上げ部分にも使用可能。
クレ・ポリメイト並みの黒々とした落ち着いたツヤで、耐久性もかなりイケます。
(ポリメイトは一雨で流れ落ちます
おまけにUV吸収剤も配合である、と。
現状では入手性・コスト・ツヤ・撥水性・作業性モロモロ勘案してベストバイ・・・じゃないかと思います。

お次はRZ-Rの電装系の点検、確認。
バッテリが完全に逝ってるんで、S660から電源を引っ張って・・・

IMG_0367.jpg
キーONで、ヤマハお得意のYPVSが「ムィ~んムィ~ん」と作動します(^^)
ウインカー(LED球に変更済み)、ポジション球(同じくLED球)も異常なし。
ただヘッドライトが点灯せず・・・
ハイ/ロー共に点灯せず、おまけにハイビームインジケータが点きっぱなし???
どっかショートしてんのか??

原因究明を・・・とと。
長女のお迎えの時間が来たんで、次回に持ち越し・・・

次回はいつになるのか!?(^^)
てな訳で、付属品シガーソケット式電源では若干ノイズが出るK6000で。

車体側ソケットには、iPhoneが充電出来るように2連式USB式ソケットを刺してあるんで
そこからUSBコードで給電させてみます。

ネットショッピングにてUSB→miniUSBタイプ3メートルのコードを購入し(結構コード自体が硬い
とりあえず接続。
IMG_0348.jpg
呪われた霊の手が!って自分の手が写り込んでいますが(^^)

この状態だと、硬いコードのせいで接続部分にムリなテンションが掛かるのか
コネクタを前後・左右に少しひねったりして調整しないと、上手く給電されず
いつのまにか充電切れでシャットダウン、てな場面が往々にしてあったりするワケです。

しゃあないんでL字型の変換コードを購入。
IMG_0337.jpg
変換名人miniUSB (メス)-(オス)右L型、です。
コイツを使って・・・
IMG_0345.jpg
再び呪われた手がぁ!ってシツコイ(^^)
コレでムリなテンションが掛からず、安定的に給電されて
突然のシャットダウンの悩みからも解放されました。

IMG_0346_20180319124705e7d.jpg
S660小ネタですが、ルームミラーの位置を若干調整出来るんで
(基台側とミラー本体側両方に関節があるため)
目一杯上げた位置でミラーをセットししておきます。
これで視界も多少はマシになった・・・気がしますが。

しかしお約束の通り、ドラレコ本体と同じくらいショートパーツ代が掛かってますよね(^^)
そういや倉庫にしまいっぱなしのTRUST製油圧・油温計があったよな~、ってんで
ゴソゴソと探し出してきました。

IMG_0338_20180315223213829.jpg
メチャ汚い上に油圧計のベゼルが凹んでる・・・何でや???

とりあえずアルコールで拭き上げて。
IMG_0341.jpg
ケース部分も色あせ&塗装ハゲがあるんで、手持ちのカーボンシート(もちダイソー製)で
巻いてみましよう。

IMG_0340.jpg

IMG_0339_2018031522321414a.jpg
相変わらずなやっつけ仕事です(^^)
途中でカーボンシートが無くなったんで作業中断です。

ちなみにTRUST製メータ用の照明用バルブ、アレ交換しようとすると
1個300円もします。
なんで以前紹介した通りT3のLEDバルブを使用しております。

まぁコレ今すぐS660に装着・・・と考えておりませんが
予めサンドイッチブロックを購入しといて、次回オイル交換のついでに
先にブロックを装着してもらうのもアリだなぁ、と思ってもいます。

オイルブロックは、S660には定番?(若干大げさ
八宝屋の小型オイルブロックが現状ではコスト/パフォーマンスではベストかな?と思いますが
付属のOリングの材質がイマイチ不明なんで、液体ガスケットをうす~く塗り伸ばして
(かなり薄めでイイです。厚塗りはNG!
併用するのがイイかも知れませんね~。
てな訳で、珍しく土曜日なんですが休日で。

朝イチで長男が「ジャンプ買いにコンビニ行こう」と言い出した(汁
しゃあないんで朝の8時半からコンビニまでお出かけ、クルマで5分。

その後は自宅でダラダラしつつ、昼イチでオイル交換予約している近所のホンダカーズ鴨島へ。

ついでにエンジンルーム内部、インタークラーダクトの変色の確認をお願い。
IMG_0327.jpg
このゴム製のジャバラ部品。
特にケミカル類は使用してなかったんですが、ご覧のように黄色く粉吹いてます。
コレ軽く拭き取った状態で、本当はもっと真っ黄っ黄になっていました。
何でだろ???

ひと目見たメカさん
「あ~~~コレは・・・。交換させてもらいますね」
割とアッサリ決まりました(^^)よく似た現象が多いのかしらん???

オイル交換もサクッと終了し(使用オイルはLEO SN、ワッシャも交換
ま~フツーに乗る分には油脂類・消耗部品は純正がイチバンっすよね

お代は〆て\2489。オイル代はCカード会員のせいか半額となっておりました。