褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

というわけで、カーポート下のゴチャゴチャした状態を何とかしようと
先ずはスチールラックを買ってきた。

ダイキで3980円だかで買ってきまして・・・
先ずは組み立てから

IMG_0109_20170822164628e36.jpg
クソ暑いなか作業しております(^^)
日なたに棚板置いてたら、メッチャアツアツで軍手必須でした。

と、ココで透析帰りの親父が登場(メッチャ孫ラブ(^^)
「棚板をな、裏表ひっくり返して組み付けると、細かいネジや丸っこいドライバーなんか
落ちんからエェで」
な~るほど!早速棚板付けてみよう。

IMG_0110.jpg
ついでにダイソーで買ってきたプラ製バスケットも置いてみる。
「カラーボックスに奥行きがピッタリ!」らしいですが、スチールラックにもピッタリでした(^^)

IMG_0111_20170822164631199.jpg
・・・エェやん(^^)

んではゴチャゴチャしたモロモロ小物を整理して・・・

IMG_0113.jpg
えぇと・・・あんま整理出来てないなコリャ(汁

後は転倒防止にL字型金具を使って・・・
IMG_0112_20170822164632287.jpg
こういう時、外壁がガルバリウム鋼板だと作業が容易で
ついでにコードレスドリルがあると、かなり時短が可能であります。

後は・・・・手配しているブツが来たらかなり整理される、かも知れない(^^)
スポンサーサイト
急に思い立って、久しぶりにステカを引っ張り出してきました。

今回は反射シートを使ってロゴステッカーを切り出します。
んが、通常のカッティングシートよりも結構な厚みがあるんで
刃先の調整を慎重にして・・・少しだけ多めでOKOK

IMG_0089_201708101226159ab.jpg
ケーヒンとかニッシンとかショーワとか、そんな感じ(^^)
大体、長さ200ミリで製作。テキトーです。
早速貼り付け。

IMG_0090_20170810122617500.jpg
ちょ~~っと大きいか???(汁
HRCは明らかに大きすぎたんでパスしたんですが・・・
コレ200ミリじゃなしに150ミリでも良かったかな???

あとで作り直しを・・・って失敗しまくったんで(用紙の幅の設定がイマイチ分からんです
反射シートが弾切れです(T_T)

あと三恵技研のロゴが欲しいんですが、アレがなかなか良い素材が無い。

三恵技研つーと純正マフラーの製造元なんですが、中学生?のときに見たバイク雑誌に
三恵技研製のCBX400F用のマフラーが掲載されていたんですが(多分モーターショー特集
丁度1番シリンダからのエキパイと2番、3番と4番のエキパイがそれぞれクロスした
丁度「XX」、ダブルエックス状にエキパイがクロスしたマフラーを出展しておりましたな~

いま出たらバカ売れ間違い無し!?
田舎ではナイト洗車だ(^^)

昼間に車を洗うのは命の危険を感じるんで、最近は専ら夜中に洗ってます。
今日もシフトが早番で19時に帰宅したんで(それでも19時です・・・
そそくさと食事済ませ洗車開始。

IMG_0081.jpg
後ろのゴチャゴチャした道具類を整理せんとイカンです(汁

IMG_0083.jpg
LED蛍光灯下では、細かい傷が良く見えます(T_T)

こないだ買って使い途がなかったコーナンのカーコーティングスプレー、ようやく使い途が出来た(^^)
IMG_0082.jpg
洗車して濡れたまんまのホイールにシュッシューと吹いて、軍手を履いて拭き上げ。
軍手を履いて拭き上げると、細かい所まで指が届いて割りとキレイになります(^^)

お次はフリードスパイクネタ。

以前ビートに使っていたT10のLEDポジション球(SMD25連)を転用して使っていたんですが
ヤフオクで良さげなLED球を見つけたんで買ってみた。

IMG_0084.jpg
左2個が新たに買ったCOB型チップ6連装なT10バルブです。
表面をPVCコーティングしており、ちょっとは防水効果がある・・・かもしれません(^^)
右が今まで使っていたSMD25連のLED球。ちょっと焦げてないか???

んで早速取り付け。
IMG_0085.jpg
運転席側が新たに買ったCOB型LED、助手席が従来のSMDです。
ぱっと見でも、COB型の方が明るいのがわかると思います。

ちょっと寄って見てみましょう。
IMG_0086.jpg
COB型です。

IMG_0087.jpg
コッチがSMD。かなり違いますねん。

SMD25連LEDを買ったのが・・・Amazonで履歴見ると2014年、3年前ですか???
価格は・・・覚えてない(^^)
今売ってる同程度のブツが1500円くらいなんで、それくらいだったかなぁ???

対してCOB型LEDは、何と破格の1個1円ナリ
Tポイント消化して2個購入。
何と送料も無料、スバラシイ(^^)
ちなみに↓商品URLです。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hikaritrading1/lct10.html

正直、耐久性はかなり怪しいんですが(^^)
まーモノは試しに・・・てな感じで楽しみましょうかね???
えぇと。
こないだ洗車中に気がついたんですが・・・

ハイビーム球ってのが純正ハロゲンで、納車後1年半くらい?経過して・・・

メッチャ抹茶色いや真っ茶色に(;´Д`)

IMG_0072.jpg

IMG_0073.jpg

正面から
IMG_0074.jpg

IMG_0075.jpg
これじゃあイエローバルブじゃなしにチョコレートバルブじゃねーかよ(;´Д`)

んなワケで、サクッとネットでバルブ購入。

IMG_0076.jpg
名門フィリップスのエクストリームビジョンHB3、です。

チョコット検索して、HB3バルブを見て回ったんですが
候補してはフィリップスのエクストリームビジョンか、GEゼネラル・エレクトリックのスポーツライトかメガライト、くらいですか??
青っぽい色付きバルブは・・・ありゃあシャレオツなファッションアイテム、と個人的には。
一昔(いやふた昔か)前には田舎のホムセンでも小糸、スタンレー、PIAA、をはじめ
シビエ(NORMA)、タングスラム、オスラム等々選り取りみどりの小松みどり(古い
おまけに何故か店頭ではピレリP7が山積みで売られてた(^^)

流行りのLEDに関しては、正直あんまり興味ない(^^)

ハロゲンのフィラメントでの発光が「線発光」に対してLEDは素子の「面発光」
HIDなんかも面発光、に近いかなぁ。
ビートの702k用HIDでグレア対策でどエライ苦労したんで、まともな光軸が出る、出せるのか???

でもハイビームなんでグレアもあんま関係無い?
灯具の形状からも、グレアは出にくそうな感じだし・・・
(バルブが奥まった位置にあるんで・・・反対に1BOXとか軽トラなんかの平べったい灯具形状では
社外品のLEDとかHIDでは盛大にグレアが出たり・・・します)

あとはやっぱり耐久性・信頼性の関しては、やはり昔ながらのハロゲン球のほうが
一日の長が有る・・・と思うんですが、純正バルブの真っ茶色を見ると
それもどーかな?と書きながら思ってきた(^^)

閑話休題。
クソ暑いしさっさと交換しましょう。
先ずはボンネット内部のユーティリティーBOX(打ちにくい文字だ(^^)を外し
ってこのネジ的なパーツはまんまクイックファスナー・・・バイク乗りなら思わずニヤリ、です(^^)
HB3のバルブを反時計回りに外してコネクタから引っこ抜いて・・・

IMG_0077.jpg
左側2個が純正、右がフィリップス製です。
コレ使用期間1年半、時間で言うと・・・
1日当たり5分点灯で年間350日使用で・・・大体年間30時間
これで1.5年だと45時間使用で、この状態ですか???う~~んんn

ま、社外品に交換できるいい機会だな、ということにしときましょう(^^)
昨日の続き・・・みたいな感じですが。

フリードスパイクにはETCが元から付いていたんで、フィットに付けていたETC器械を
S660に転用します。

予め軽自動車用に再セットアップ依頼していたんで、今回はサクッと取り付け(サクッとは行ってませんが(^^)

IMG_0048.jpg
以前取り付けていた電源取り出し用カプラ、です。
コレもうちょっと整理せんとイカンのですが・・・いずれまた(汁
コイツの赤い端子がACCなんで、コイツとETCのプラスを接続。
アースは、いつぞや付けたエーモンの4連アース端子へ。
これで電源廻りは完了。
ちなみに紫線はリバース線なんですが、この線と赤い線(ACC)を繋ぐと
走行中でもバックカメラの画像が見られます(確か

IMG_0052.jpg
エーモンの配線通しに、ETCのアンテナ線をテープで巻きつけて固定。
Aピラーカバーを外して(内装外しを差し込んでバキバキっとめくれば、意外と簡単に外れます

IMG_0054.jpg
この画像ではコネクタが丸見えですが、実際はテープを巻いて引っかかりにくくしました。

IMG_0058.jpg
こんな感じで、足元まで引き出します。

あとは配線をキチンとまとめて(一番厄介です(^^)

IMG_0059.jpg
ETC本体はとりあえずココへ固定。

ETCカードは持っていたんで、先ずは差し込んでみると・・・
OKOK、認識しました。

ちゅうわけで、またいずれ実際にETCゲートへGO!してみます(コレが一番怖い(^^)
ちゅうワケで、RB型オデッセイ(多分アブソリュート)用の純正フォグランプ
アレをResultJAPAN謹製バンパーダクトカバーの内部に仕込む、という
大したテクもないのに大掛かりな工事を目論んでいるワケですが(^^)

ボチボチと下準備を進めております。

IMG_0021.jpg
いきなりサフ吹いてます(汁
こないだのホイール塗装のときに使った余りモノのサフです。
純正グリルやガーニッシュ風な、梨地仕上げ的な風合いを期待してあえて空研ぎナシです。

IMG_0025.jpg
さらに半ツヤ黒塗装・・・で何故か耐熱ブラック(^^)

半ツヤ、セミグロスブラックって自動車用缶スプレーでは存在せず、
模型用でタミヤとかグンゼ産業では有るんですが。
ちょっと近所では手に入らないんで、代替品で半ツヤの耐熱ブラックを使ってみました。
色合いは、出来れば純正グリルみたいな「日なたではややグレーっぽい黒」が理想なんですが
さすがにそこまで言い出すとキリがないんで、今回は耐熱ブラックでお茶を濁します。

んがしかし。耐熱塗料ってな熱を入れんと硬化しない・・・取説に書いてありますが。
半日ほど静置しておいても指触乾燥せず、薄っすらと指紋が残ります(汁

こんな状態でフォグランプ埋め込む作業したら、あとで再塗装は必須になるのは火を見るより明らか。
その場合は、藍住のコーナンでPLASTI DIPのスプレー(ラバースプレーの元祖)でも買ってきましょう。

IMG_0023.jpg
コレは何してるかといえば・・・
付属の黒カッティングシート(ガーニッシュ形状合わせてカット済み)
コレをバンパーに貼る時に、失敗する確率が85%くらいあるんで(^^)
その時に備えて予備を作るための型紙を作っておきます。

んでいざ貼ってみましょう。
IMG_0029.jpg
あー・・・

IMG_0030.jpg
こりゃヒデェ(他人事

まぁダクトカバーを装着すりゃ隠れてしまう部分なんで、こんな状態でもイイ・・・か???

とまぁこんな感じの進捗状況であります。
ご存知のとおり、S660ってのはミッドシップなクルマで
エンジンの吸気口は運転席後ろ、丁度Bピラーから吸い込む感じなんですが。

エアクリーナBOXに開いている吸気口ってのがまた小さい(^^)
騒音対策なのか馬力の抑制なのか、多分両方なんでしょうけど
あまりにもアレなんで、他オーナーの加工を参考に自分もやってみた。

20170523_024057000_iOS.jpg
いきなり終わってますが(^^)
ホットナイフ持ってないんで、ハンダコテで代用。
バリがスゴいんで、あとでキレイにヤスっておきましょう。
(ヤスる=ヤスリで仕上げる)

ご覧の通り、吸気口がメッチャ小さいです。
参考までに、’87年式RZ250RのエアクリーナBOXのダクトを・・・
DSCF0005_20090526212441_201706252133218b3.jpg
黄色い○で囲った部分がダクトです。
p2.jpg
ダクト単体で。
S660よか大きい(^^)
コイツを外すと、キャブセッティングの変更が要るほど(ニードルのクリップ段数の調整ですが)
冬場に外して乗り回すと、焼付きが心配になるくらい廻りすぎた!?

んでS660でも、吸気口の拡大は結構効きますねん。
5000回転よか上でも、今までのようにダラっと廻る感じがかなり改善され
しっかりとパワー”感”がついてきている・・・かもしれない(^^)
んでRZ-Rと同様に、吸気音が結構勇ましくなります。
回転が上がるにつれガボーガボーと(^^)
オマケにブローオフバルブの作動音もプシャープシャーと響き
お手軽な割に効果はグンバツ(死語

さらに追加でチョイと一手間を。

20170523_024400000_iOS.jpg
我らがエーゼット製のシリコンスプレーを、ボックス内部に大量に噴射します。
IMG_1174.jpg
ビッタビタになってますが、コレでエアクリのエレメントの前段階で
小さいホコリをキャッチしよう、という考えです。
大昔のバイクレースで流行っていた・・らしい???
エアクリレス(=直キャブ)仕様でも、ボックスを残しておいたほうがセッティングが出しやすかったらしいです。

んじゃお次はエアクリのエレメントを社外品に交換・・・はしません(^^)

ビートに乗ってた時に、純正エレメントの濾紙を切り飛ばして
デイトナのターボフィルターを貼り付けていたこともあったんですが。

切り飛ばした純正フィルタの濾紙の大きさ(ジャバラ状の濾紙を広げたときの大きさ)と
ターボフィルターの目の粗さ(日にかざすと眩しい)を比較して
「コリャエレメント本来の役目(異物の除去)を重視するなら、純正一択だべ」と感心した記憶があります。

とまぁこんな感じで吸気系は終了。
あとはせいぜい吸い込んだ空気の温度上昇を防ぐ断熱加工くらいですかね???

あと、色んなパーツメーカーから、ドア下のサイドダクトからエアクリボックスまでダイレクトに吸気させるパーツ、
アレ出てますが、本来エンジンルームの冷却に重きを置いているハズのあのダクト
あそこを潰して吸気一本に絞るってのは、正直どうなのか???と思いますが。

メーカーが膨大なテストを繰り返して決定した位置であり大きさである、と思うんですが
アレ潰すとどんな影響があるのか、たかだか発売されて2年程度のS660ではデータも集まってないだろし
ビート乗ってる時に色々と熱害に悩まされた身としては、ちょっと怖いパーツだなぁ・・・とは思います。