FC2ブログ
褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

ココのところ急に暑くなってきまして。

久しぶりにs660のエアコン掛けるとメチャ臭い(;´Д`)
カビ臭いというか生乾きというか、なんとも言えない悪臭がががg

しゃあないんで、カー用品店でカーエアコン用エバポレータクリーナーを見てたんですが
簡易的なヤツ(エアコン吹出口から注入するタイプ)ばっかでエバポ&ファンを洗浄するタイプは売ってない・・・
しかも意外と高いし(^^)

そこでいつものコーナンで家庭用エアコン洗浄スプレーを買ってきました。

IMG_0939.jpg
2本セットで648円だったか?
ちょうど手持ちの燃料ホース(多分φ6)が、ノズルにピッタリ刺さるんで
とりあえずコイツを使って・・・

IMG_0940.jpg
作業性を考えてグローブボックスを取り外します。
エアコンフィルターも引っこ抜いて・・・
円筒形の黒い樹脂パーツがシロッコファンであります。
エバポレータは・・・その右側の格子状樹脂パーツの内部、かな???よくわかんねぇっす(^^)

エアコンを作動させて、ファンを回転させながら洗浄スプレーを吹き付けます。
んが、あのホースでは長過ぎたのか「ブッシュー」とは出てこず「ブシュシュシュ・・・ビタビタビタ」てな感じで(^^)
適当にホースを振り回しながら、回転するファンに液剤を当てていきます。

とりあえず1本まるまる使い切って終了。
しばしこれで様子見してみます。
スポンサーサイト
ちゅうワケで、やっぱリアにスポイラー付けたら前にも付けたくなるのが人情ってなワケで。

とはいっても、そうそう簡単に小遣いが増える訳でもなく(;´Д`)
今回はお手軽リップスポイラーでお茶を濁しましょう。

今回入手したのはコレです。
IMG_0866.jpg
よくある軟質ウレタン製のカーボン柄のブツです。

カーボン柄がチャチいんですが、無地よかは若干でも耐候性がある・・・といいなぁと期待を込めて(^^)

バンパーを外したほうが作業性が良いんでチャッチャと外して。

IMG_0867.jpg
付属の脱脂剤で拭き上げて、適当に貼り付け。
適当すぎたんで曲がってますが(^^)
両面テープがあからさまにパチもんくさい3Mロゴ入りだったんですが、
コレが意外と強力で、一旦くっつくと剥がすのが大変でした。

一応、用心のためにタッピングビスで補強。
付属のビスはアタマが小径過ぎたんで、手持ちの大きめのビスを使用。
電気ドリルでΦ2くらいの下穴を開けておくと、作業性が上がって良い感じになります。

IMG_0869.jpg
ダクトカバーもカーボン柄のカッティングシートを貼り付けたんで、ちゃちぃ感が更にアップ(^^)

左右でリップ端面の形状を変えていたんですが、運転席側の端面形状の方が良いような気が???
正面から見ると、スポイラー真ん中あたりのうねり具合もあんまり目立たない・・・か。

まぁコレはコレでアリ、じゃないかなぁ・・・と思うことにします(^^)
というわけで、ウレタンスプレー塗装のあと
2000番の耐水ペーパーで磨いたんですが。

細めのコンパウンドで磨いてもペーパー目が消えないんで
ポリッシャで磨いてみました。

IMG_0859.jpg
日向でみると結構目立つなぁ・・・

IMG_0860.jpg
とりあえず細めのコンパウンドでポリッシャー掛けしてみますと・・・
あんま変わらない(^^)

ちなみにYouTubeで「シャインポリッシュ」で検索すると、このポリッシャで
ボディをピカピカに磨き上げる動画がいっぱい出てきます。
こんなん見てるといつか自分もやっちゃろか?と、悪い癖がムクムクと・・・(^^)

段々と面倒くさくなってきたんで(いつものパターンだ
もう車体に取り付ける事にします。

十分な接着力を得るために、2~3日前からスポイラー裏面に両面テープ(商品に添付されてた)を
貼り付けていたんで、まずは車体側を脱脂(ブレーキクリーナーをウエスへ吹付けて軽く拭き上げ。

慎重に位置決めし、牛いやギューっと押し付けて固定。

IMG_0861.jpg
フィッティングは抜群です。ミョ~に浮いたりガタついたりは一切なし。

IMG_0862.jpg
真ん中あたり。なんか塗装がタレてるよな~(汁

IMG_0864.jpg
端面の形状で。
各メーカーそれぞれの形状がありますよね。

今回は塗装色はトヨタ用ブラックM(メタリック)。まーまー似合ってる・・・ような気がします(ひいき目

おまけ
IMG_0865.jpg
野生に帰っているモカです(^^)
無駄に庭が広いんで、10メートルくらいのワイヤーをつないで放しています。
最近はあそこら辺がお気に入りなのか、いつも木の陰でくつろいでいます(^^)
ちゅうわけで、およそ1ヶ月ぶりな更新です。

ま~別に体調がどうこう言うものでもなく、ただ単に仕事が忙しかった、という
在り来りな理由ではあったんですが
ようやく一段落ついたようなんで、ボチボチやっていこうかな?という感じであります。

さてさて
いつぞや格安で手に入れたS660用リアスポイラーですが。

以前からボチボチと自家塗装の段取りをしておりまして。
段取りとしては

1.脱脂後サフェーサー塗装
2.巣穴、軽微な段付きの修正、♯400のペーパーで均し
3.ホルツの缶スプレー(トヨタのブラックM)で塗装
4.倉庫で静置し乾燥させていたハズが、なぜか床に落ちてた(;´Д`)
5.泣きながらペーパーや薄つけ用パテなどで修正
6.再度サフ、均し、塗装
7.カンペハピオ シリコンラッカースプレー (クリア)で仮仕上げ
8.イサム・エアーウレタン(クリア)で仕上げ塗装

てな感じなんですが、ウレタン塗装のときに若干のゴミ噛みがありまして・・・

IMG_0831_2019032516014070c.jpg
これがウレタン仕上げ。
まーまーな仕上がりです。

IMG_0832_20190325155628e9f.jpg
よ~く見るとブツブツと・・・触ると5~6箇所はブツブツがあるっぽい(;´Д`)

しゃあないんで、♯1000→♯1500→♯2000の耐水ペーパーで
慎重に水研ぎし、細めの液体コンパウンドとリンレイの水垢取り液体ワックス(極細コンパウンド入
この順番で仕上げてみました。

IMG_0833_2019032515562932f.jpg
ブツブツは取れたんですが、ヘアスクラッチ的な細かいキズが出来た・・・

コレは仕上げ用のリンレイワックスを電動ポリッシャで磨いたら
多少はマシになる、んではないかと思っておりますが。

今日のところはこれにて時間切れであります。
ちゅうわけで、こないだは勘違いしてブローオフバルブをいじってたワケですが。

今日はちゃんと予習してから再度チャレンジしてみました。
まずは純正ブローオフバルブを外して・・・

ブローオフバルブが刺さってた穴を塞がないとアカンので
こないだの椅子ゴムを流用してみました。

IMG_0793_20190222140352389.jpg
ちょいと出っ張りがあったんで、カッターでさくっと切り飛ばします。

お次は椅子ゴム固定用のボルトを細工します。
IMG_0794.jpg
椅子ゴムが結構嵌め合いがキツいんで、押し込むような感じで・・・

IMG_0795_20190222140355827.jpg
ステーに貼られているシールくらい剥がせよ(^^)
一応、弛み止めに液体ガスケットをチョイチョイと塗っておきました。

お次はブローオフバルブの接続・固定です。

取り寄せた純正ゴムホースは
IMG_0803_20190222190817840.jpg


品番が
174815JA004 ホース,リリーフ
という名前みたいで。

IMG_0799_201902221403590ad.jpg
まずはフードキャッチ脇の良さげな穴を使ってステーを固定させて。

IMG_0802_20190222140409ae0.jpg
ありあわせのステー、ネジ類を使ってガッツリ固定させました。
ピンクのホースはダイキで買ってきたΦ5のホースであります。
もっとちゃんとしたステーを使い、固定ネジも統一させたら
もっと見栄え良くなる、よな~コレ。

んじゃ早速試走。

ブ~~~んプッシャー!ぶ~~~んプッシャー!
コレメッチャうるせー(^^)

まぁ飽きたら純正配管に戻したら良いんですが
多分純正ホースがメチャ固い(戻しにくい)はずなんで

IMG_0788.jpg
市販のΦ19のブレードホースを使えば、簡単に純正状態へ戻せるので
コレで行こうかと思っております。
ちゅうわけで、S660純正ブローオフバルブを大気開放させちゃろか?と考えた訳ですが。

色々とググると、どーもぶっこ抜く配管を間違えてた模様(^^)
椅子ゴム嵌めた部分にブローオフバルブを残すらしい(汁

・・・まぁコレも一つの貴重な経験です。
よね?(^^)
てな訳で、お手軽に何かいじっちゃろか?と考えまして
純正ブローオフバルブを大気開放させたらエエやん、と思いつきました。

色々とググってみますと、純正L字型ゴムホースを外すのがメチャ固いらしく
そのへんの対応も色々と考えて準備しました。

IMG_0771_201902201641570e7.jpg
いきなりカッターで切り飛ばしています(^^)

初めはウォータポンププライヤで抉ってみたんですが、全く外れる気配が無い(汁
ココで30分も1時間も時間をかけるのは得策ではない・・・と思いさっさとカッターを用意しました(^^)

とはいえ純正レイアウトに戻す場合も考えて、ホースやら何やらも一緒に用意しました。

IMG_0772_20190220164159554.jpg
ホースの径を測ると・・・19ミリ・・・19.1ミリくらい?
ノギスなんか久しぶりに使いました。

IMG_0781_20190220164203d77.jpg
コーナンで買ってきたブレードホース、内径19ミリ外径25ミリ、です。

IMG_0780_20190220164201e4b.jpg
盲栓代わりに定番らしい?椅子の脚につけるゴムです。適応サイズΦ17~Φ20、と固定用ホースバンド。

IMG_0782_20190220164203c82.jpg
取り外したホースの代わりに、椅子ゴムを差し込んでホースバンドで固定。
サイズはドンピシャ(死語)ホースバンドでしっかりと固定しておきましょう。
ブローオフバルブ側はとりあえずこのまんまで。

んでは早速試乗をば・・・・

んんんん。何だか想像してた音とは大分違うなぁ。
もっとパシューパシュー言うかと思ったら、シュコココォーシュコココォー、って
コレはバックタービン音?
ちょっと・・・・アレだなぁ。
これなら現状の仕様(純正配管、エアクリーナボックス穴の拡大加工)
20170523_024057000_iOS.jpg
コレのほうがいい音するような気が?

こりゃさっさと純正仕様に戻したほうが良いですねコレ(車検もNGだし

IMG_0786.jpg
かなり曲がりがキツい取り回しなんで、ホースの潰れを防ぐために
ホースの中にスプリングを通しておきます。
ちなみにこのホースバンドはサイズ間違いで使えませんでした(汁

IMG_0788.jpg
や、かなりキツいなコレ(;´Д`)
音も純正ホースよりも高周波?内径が細いしバネを仕込んであるからか???

しゃあないんで、行きつけのホンダカーズ鴨島へ行っL字型のゴムホースを手配しときましょう(今日は定休日