褐色細胞腫と闘いながら、100歳まで生きると決めたオッサンの記録
ブログ紹介・・・的なもの
ブログ訪問ありがとうございます。
色々とカテゴリーありますが
褐色細胞腫関連はこちらを参照してください。
サプリメント関係はこちらを参照してください。
DIYでクルマやバイクをいじるヤツが、癌もDIYで何とかしようと試行錯誤しています(^_^)

てなワケで、いよいよフォグランプ装着も佳境を迎えつつある・・・んだろなぁ???

とりあえず、付属のハーネスキットを確認しつつ取り回しの段取りをば。

IMG_0225.jpg
スイッチはとりあえずココ。
本当は、シーソー式のスイッチを埋め込みたいトコロでありますが。

IMG_0228.jpg

IMG_0227.jpg
車外への取り出しは、例によってドアのウェザーストリップから。
ビートの時も同様の施工方法でしたが、特に雨水の侵入や、配線の断線はありませんでした。

IMG_0223_20171020160417a22.jpg
ま~~~ゴチャゴチャですが(^^)
とりあえず仮配線なんで。
配線図なんかは付属してなかったんで、「フォグ 配線 3線」等々でググりました。

んではスイッチON!
IMG_0224.jpg
おぉ、ちゃんと点いた(^^)
ただ、付属のリレーが割りとアレなんで(;´Д`)
手持ちのエーモン4極リレー(中身は松下電工)へコンバート。

IMG_0226.jpg
黄色いビニテが雰囲気ぶち壊しですが(;´Д`)(後で黒いテープ買ってこよう
一応、取り回しは純正配線に添わせて余裕を持っております。
配線保護のためコルゲートチューブでカバー。素人配線は車両火災のモトでありますからねん。
あえてタイラップは使わず、こだわりのビニタイです。
タイラップって切り口で手を切りやすいからね~。

後は、配線の長さが余ったり短かったりなんで適当に調整。
ワイヤストリッパーが大活躍です(^^)

続きは・・・腰痛が痛いんで後日です(トシやな~~~

スポンサーサイト
ちゅうわけで、今日は真面目に仕事してたんですが(^^)
仕事帰りに、チョイ近所のコーナンでお買い物。
(田舎なんで、県道を帰っているとコーナンとコメリが交互に出店しております(^^)

IMG_0215.jpg
塩ビパイプのコーナーにあった金具です。1個50円とか60円とか、そんな感じ。

んではおもむろに車体に2箇所穴あけして・・・
って鉄板メチャ硬い(;´Д`)
コードレスドリルでは刃が立たず、親父の愛用している電気ドリル↓コイツの出番。
IMG_0219.jpg
相当に年季が入っておりますが、さすがマキタ製。パワーとスピードが違う(^^)

適当なサイズの穴を開けて(一応、穴開け位置は十分に勘案している・・・んですが
タッピングビスで固定し、ランプのステーを仮固定、っと。

IMG_0217.jpg
一応、この状態でランプの上下左右ともに調整は可能なんですが・・・

とりあえずバンパーをセットしてみると
IMG_0216.jpg
オッ!イケるやん(^^)
ダクトカバーを被せてみても、ネットとの干渉も無さそうな感じであります。
適当にやった割には随分と上手く行った???

ただランプボディが全金属製で尚且つレンズはガラス製、と小型ながら重量的には厳しい感じなんで
路面のギャップ等々でグラつくようであれば、追加でステーをカマさないといけないかも知れませんが。

今日のところはココまで。一旦ステー類は外します。
穴開けした部分はサビチェンジャーで処理しときましょう。

んで肝心のタッピングビスを打つ部分の防錆処理は・・・・
金属が剥き出しの部分にはホルツのサビチェンジャー塗布して、ビス自体もメッキ素材で。ステンはNG。
ビスにグリス塗るよか、緩み止めと水分の侵入防止を兼ねて液体ガスケットを塗るのが良さそう。
仕上げにクレのスーパーラストガード吹付け、で20年は保ちそうかな???

んでも実は他の部分が20年も保たなそうなんですが・・・

IMG_0218_20171018220325c18.jpg
ラジエータのガイド部分ちゅうか、サポート部分ちゅうか。
溶接部分がサビサビなんですが(;´Д`)
とりあえずサビチェンジャー塗ってラストガード吹いておきましょう。

IMG_0221.jpg
↑このバンパーは納車前にヤフオクで買った新車外し品で。
確か商品代金と送料が同じくらいだった(^^)
ソイツに、バンパーダクトカバーに付属していた黒色カッティングシート(カバー形状に沿ってカット済み)
を、ダイソーのカーボンカッティングシートにトレースして切り出したブツ(ややこしい)を貼ってます。

しかし毎晩のようにバンパー外してると、今では5分で外せますね~(^^)
ちゅうわけで、自車で踏み潰したダクトカバーの修復ですが(;´Д`)

IMG_0209_20171017233511ce1.jpg
破断した部分ですが。
青っぽく見えているのがグラスファイバー含有のパテ、白いのが2液性エポキシパテ、であります。

IMG_0208_2017101614241615f.jpg
サフを吹くと、パッと見では分かりにくいビミョ~なウネリや凹みが丸わかりとなります(汁
あと見た目では分かりにくい場合は、指の腹でなぞっていくと意外とウネリが分かりやすい・・・ 場合もあります。

んではお次はバンパーのカットですが・・・

IMG_0207_201710172335133c3.jpg
これナンノコッチャ???と言いますと。
先ず開けたいラインAに沿って、大きめのカッターを使って切れ込み・筋目を入れて行きます。
10~20回くらい繰り返し切れ込みを入れると、かなり深い切れ込みが出来る・・・ハズです。

お次は、Bのラインにカッタータイプのノコギリ(確かダイソーで買った)で切れ目を入れて・・・
Aのラインでパキッと折り取ります。って実際は粘い材質なバンパーなんで
何回もグニグニグニ・・・と捻らないとイケませんが(^^)

IMG_0206_20171017233515145.jpg
若干取り残しがありますが、ま~大体こんな感じです。
↑コレがこないだの休日話し。

↓これからが今晩の話しです(^^)
ココまで来たら、バンパーを付けてみてランプを仮付したい・・と思うのが人情であります(多分
仕事から帰ってきて・・・
IMG_0214.jpg
この時点で21時過ぎですが。
田舎なんで作業中(1時間弱)に通りがかったクルマは3台でした(^^)

IMG_0212.jpg
ダクトカバーに沿って穴を開けるとこんな感じです。

ランプのステーをどーすっかなぁ???としげしげと覗き込んで。
ボディのサービスホールを使うのは・・・裏面が袋形状なんでナットが入らんなぁ。
んなら穴あけしてタッピングビスで固定・・・ビスの材質は安価なメッキ素材で(ステンだと電触ががが
尚且つグリスタップリ塗りつけてネジ止め、でイイんかなぁ???

ランプ自体のステー形状は。
IMG_0213.jpg
下向きに付いているコの字型ステーが付属品で、上部に付けているL字型ステーは手持ちのステーですが。

んんんんん
明日一日仕事しながら固定方法を考えよう(^^)
ちゅうわけで、S660にフォグランプ装着させるネタも段々面倒くさくなってきた(^^)

つらつら考えるに、やっぱオデッセイ純正フォグを取り付けるのは相当にムリがある、と(今更気がついた
しゃあないんで、純正品代替品を考えてみた。

1.ハロゲンランプで有ること
純正ヘッドランプがLEDであるため、降雪時にランプに付いた雪が溶けず
段々と暗くなり非常に危険が危ない。
徳島では年に1回か2回くらいしか雪は降らないんですが、その時に
ムリして運転して事故ったんでは元も子もないです。

HIDは、やたらと眩しい≠明るいワケで「メッチャ明るいやん!」と喜んでいるのは
本人だけで、周囲は大迷惑・・・なんつーパターンにハマりがちで。
中華バラストなら安定するのに10秒以上かかる、とか。
手持ちのトヨタ用の小糸製バラストなら5秒で安定しますが(ビート用HIDで使用
やっぱグレアの事を考えると・・・・ですハイ。

2.そこそこのレンズ面積で有ること
取り付けスペースに余裕のないS660なんで、出来るだけ小型・小径な灯体をチョイスしたい・・・
ところでありますが、あんまり小型だとレンズカット・光軸が適当で
眩しいだけであんまり明るくない・・・となりがちと思います。

今までの経験則から、レンズ口径(面積)が大きいほど明るくレンズカットも綺麗に出ている・・・
と思うんですが、シビエのオスカーなんてのはさすがにムリだと思います(^^)

余談ですが、’88GSX-R750に乗っていた時
純正2灯(H4バルブ2発)からシビエのMOTO180(だった?)の丸目1灯に換えたら
メチャメチャ明るくなったのを思い出します。

相変わらず前フリが長いな(^^)
グダグダ能書き垂れ流して、結局買ったのがコレです。

IMG_0193_20171016142356c31.jpg
シリウスNS-15F、レンズカットはフォグであります。
レンズ面に「TOP」刻印もあり、光軸も期待できそう・・・
って単に水抜きの関係でTOP表記なんかも知れませんが。

IMG_0195.jpg
レンズ径87mm、バルブはH3の55wであります。
コレでグレが酷ければ、55wから35wにダウングレードもアリ、かも知れません。

よく見るとバルブ周りにシェードぽい囲いがあり、コレがグレアに効く・・・と良いなぁと思っています(^^)

んで肝心の取り付けですが。

も少しイメージトレーニングしてから・・・ですねん(^^)
ちゅうわけで、かねてからの懸案事項であったキャブドレンのネジが外れたワケで。

ボチボチ組み立てて行こうかと思いまして。
その前に以前から仕込んでいたネタをば・・・

86年式だか87年式の車両なんで、細々した部品のサビが酷く
なんぼキャブ本体をキレイにしても、そういったパーツがサビサビでは興醒めであります。

例えば
IMG_0143_20171013125105517.jpg
各ホースに付いているホースクリップや、燃料を左右キャブに分岐させるT字型のジョイント、
コイツらのサビを何とかしてみよう、と考えました。

IMG_0183_2017101312463090d.jpg
どこのホムセンでも見かけるAZ製サビアウト。リン酸系の除錆剤であります。

IMG_0185_20171013124631387.jpg
この薬剤を5~6倍に薄めて、ホースクリップをドブ漬け。
1週間位放置して・・・

IMG_0196.jpg
随分と液体の色が変わってきて、ホースクリップ自体も黒っぽくなっております。

水洗いしてワイヤーブラシで磨いてみると・・・
IMG_0197.jpg
おぉ、イケるやん(^^)

IMG_0205.jpg
T字型のジョイントもドブ漬け後にワイヤーブラシで磨いて・・・
OKOK。

IMG_0199.jpg
錆取り後はオイルスプレーを吹いて錆止め処理しときましょう。

お次はカーポート照明の追加ネタ。
今はLED蛍光灯を3個付けているんですが、車体前方と後方がイマイチ照らせていない・・・
なんで、1個余っているLED蛍光灯(最初に3個買ったら1個不良品(シェードが割れていた
良品と交換と思いきや1個追加で送付され、不良品はそちらで処分してね、と言われたブツ。
結局割れたシェードを修繕して使用してます。
そいつをとりあえず車体後方を照らすように付けてみましょう。

IMG_0203.jpg
裏面にL字型ステーをネジ止めしてから、カーポートに両面テープで仮止め。
品物がメチャ軽量なんで、落ちてきませんでした。

後は適当に配線を延長させて(適当とは言っても接続部分は入念に絶縁処理し、
コード自体にもスパイラルチューブを巻きつけ紫外線対策を施しております。

IMG_0204.jpg
まぁこんなもんですかね???

車体前方の照明は、さすがに防雨型の照明でないとアレなんで
しばし考え中、としときましょう。(今月の弄り予算が残り僅かなんで(;´Д`)
ちゅうわけで、こないだ撮ったPET-CTの結果を聞いてきました。

結果としては、以前からある転移巣は相変わらず殆ど変化無しで。
ただ、1個リンパ腫みたいなのが出現している、と。

過去何回かの肺転移手術で、肺内リンパみたいなモノを摘出してきているんで(CT画像では転移巣と見分けがつきにくい
まぁ特に心配はしていないんですが。

んで担当医であるY先生の意見としては、
「一度泌尿器科の先生とお話しして、抗がん剤治療について相談してみて下さい」
との事でありました。

まぁぶっちゃけ「効けばラッキー」くらいな心構えで、一度話し合いしてみて下さい、と。
んで同じ病院内でも紹介状は必要で、尚且つ患者本人が持参せんとイカン、らしい・・・

ちゅうわけで、紹介状を書いてもらい泌尿器科で11/20にお話し合いの予約手続き。
IMG_0192_20171012152149b96.jpg
随分と可愛らしい文字ですが(^^)担当の看護師さんが書いてます。

この紹介状を、次回泌尿器科での診察で手渡すらしいです。
ちなみに泌尿器科での担当医を大学病院のサイトで調べてみると
平成16年に大学病院卒業で、役職は助教(大学病院としては下から2番め
教授(科長)→准教授(副科長・総務医長)→講師(外来医長・病棟医長)→助教→医員(卒業したてのペーペー
、資格として泌尿器科専門医・指導医、らしいです。

コレうがった見方をすれば、ある意味「安パイ」な患者を相手に抗癌剤治療をこなし
がん治療の認定医の資格を取得させるための経験を積ませる・・・のかも知れない(^^)

ま、とりあえず11/20の9時15分からの話し合いにてモロモロ決定、であります。

んで病院のあとはイチマル工房へ電話でアポ取り。キャブのドレンボルトを外す依頼をします。
ちょっと職人気質な電話応対でしたが(^^)
病院から直接伺ってキャブを持ち込み。

「ネジの材質なんだろ???真鍮だったら面倒だけど・・・」と言いながらも早速取り掛かって・・・

フロート室を外してバイスで固定し
溶接機でなめたネジに肉盛りし、ある程度盛り上がってきたらM8くらいのボルトを溶接。
後はクロスレンチでくるくるっと。
素晴らしい(^^)
溶接の熱で外しやすくなっていたのか???
アルミ製のフロート室が溶けるんじゃ?と思っていたんですが
全然問題なしでありました。

肝心の費用は1620円也。税抜き1500円ですか?
自分では出来ない作業なんで、全く持って妥当な値段だと思いました。

さ~~後は・・・・
ナニから手を付けるか???
外装の手直し・再塗装か、チャンバーのバフがけか
S660のダクトカバーの修復・フォグランプ取り付けか・・・

意外とやる事一杯だ(汁
ちゅうわけで、7泊8日の神戸出張から帰ってきたワケですが(田舎モンにゃ神戸は遊ぶトコロだね

放ったらかしになっているS660にフォグランプを装着する作業を再開、しましょう。

IMG_0163.jpg
ダクトカバーのネットを外し、とりあえずランプベゼルを当てはめてテキトーにカットしてみる。
・・・だいぶベゼルが大きいなぁ。

IMG_0167.jpg
バンパー裏側から当ててみる。
んんん~~~何か違うよな~。

IMG_0165.jpg
こんな感じ。ですが。
裏面から当てて固定するとなると、後で光軸の調整やらバルブ交換する時に
バンパー全外しとなるんで、出来れば避けたいトコロではありますが・・・

とりあえずダクトカバーのネットを貼り付け、カバーをバンパーへ両面テープで貼り付け。

長女が午前中で授業が終了だったんで、迎えに出かける時に
「バキッ!」と音がしたんですが、あんま気にせずそのまま出発。

帰ってくると、何故か家の前にダクトカバーが転がっておりました(T_T)
両面テープが上手く貼れてなかった・・・・

IMG_0186_20171010225130aa5.jpg
oh・・・

IMG_0187_201710102251329e2.jpg
・・・

ま~これイイネタ出来たじゃん!と前向きに考え、修復させるべくダイキへお出かけ(強がり

IMG_0189.jpg
グラスファイバー含有のパテ。粘度があんまりなく正直使いにくかった。

IMG_0190.jpg
結局エポキシパテで何とか成形。
ただし破断面は、瞬間接着剤を流し込み固定。裏からファイバーパテで補強。

IMG_0191_20171010225134e7e.jpg
途中経過。
#180の耐水ペーパーで磨き倒す。
もっとパテ埋めせねば・・・

という訳で本日は時間切れ。

・・・コレ絶対市販の社外品フォグランプの方が簡単に付くよなぁ・・・